ネトルの抗ヒスタミン作用がアレルギー症状を緩和するって本当?

喘息の症状はネトルで和らげる!その方法とは
2018年5月12日
食べ過ぎが原因の胃のむかつきはペパーミントでスッキリさせよう!
2018年5月19日

健康に良い成分が豊富

春になると鼻水が止まらなくなってしまったり、鼻づまりがひどくて呼吸が苦しいといった花粉症の症状に悩まされている人も多いと思います。
花粉症は日本人の国民病とも呼ばれており、アレルゲンである花粉が体内に入ることによって激しいアレルギー症状が引き起こされる疾患のことをいいます。

 

また、花粉症には様々なアレルゲンがあり、春のスギやヒノキといった花粉ではなく秋のシーズンに飛散する花粉に反応する人もいます。
人によっては複数のアレルゲンに反応するので、一年中アレルギー症状に悩まされているという人も少なくありません。
ダニやハウスダストに反応する通年性のアレルギー性鼻炎の人もいます。
それからアトピー性皮膚炎や蕁麻疹、喘息などもアレルギーが原因の疾患と考えられています。

 

そんな花粉症の症状を抑える効果があるとして注目されているハーブティーにネトルがあります。
ネトルは緑茶のような香りが特徴のハーブで、日本では西洋イラクサと呼ばれています。
ネトルのハーブティーにはビタミン・カルシウム・鉄分・マグネシウムといったミネラルが豊富に含まれています。

身体に良い成分が沢山含まれているので、様々な効能が期待できます。

 

ネトルには特に鉄分が豊富で、貧血予防に効果的と言われています。
女性は月経によって毎月鉄分が失われるため、貧血の悩みを抱えている人も多くいます。
貧血が続くと細胞に栄養がきちんと行き渡らないので、肌細胞が老化しやすかったり疲れやすくなるといった症状が出てしまいます。

そのためネトルは女性に人気があります。
ネトルには、妊娠や出産に欠かせない成分の葉酸も豊富に含まれています。
妊娠中の女性や妊娠を希望する女性にとって嬉しい作用のあるお茶です。
血行を良くする作用もあるため、冷えやむくみを解消する効能もあります。

 

 

花粉症には抗ヒスタミン作用が効く

ネトルが花粉症に効果があるハーブティーとして注目されるようになったのは、ネトルに含まれているフラボノイドに抗ヒスタミン作用があるからです。
ヒスタミンとは体内の肥満細胞でつくられている物質で、アレルギー症状を引き起こす原因物質と考えられています。
ヒスタミンは通常不活性状態にありますが、花粉などのアレルゲンが体内に侵入することによって活性化します。
ヒスタミンが活性化することで、激しいアレルギー症状が引き起こされると言われています。

 

ネトルに含まれるフラボノイドには、ヒスタミンを放出する細胞膜を安定させる働きがあります。
ヒスタミンの働きを抑える抗ヒスタミン作用で、様々なアレルギー症状を緩和するのです。
そのため花粉症やアレルギー性鼻炎、アトピー性皮膚炎、蕁麻疹、喘息などの症状を緩和する効果が期待できます。

 

また、ネトルの効能には利尿もあるので体内に溜まっている毒素を排出するデトックス効果もあります。
身体の中に蓄積されている有害物質が排出されることにより、アレルギー体質を改善することにも繋がります。

 

花粉症の症状を和らげたいと思っている人は、本格的な花粉のシーズンに入る前から継続的にネトルのハーブティーを飲んでおくのがおすすめです。
花粉症の症状がひどくなってしまってからだと、症状を抑えることが難しくなることもあります。
アレルギー症状が出る前に予防的に飲むことで、症状を抑える働きが高めることができます。

 

ネトルはハーブティーなので、市販の薬のように眠くなるようなことはありません。
妊娠中や授乳中など市販薬を服用できないという人でも安心して飲めるというメリットもあります。
お子さんでも飲むことができるので、アトピー性皮膚炎などの症状を和らげてあげたいと親御さんがネトルをすすめることもあるようです。

 

ネトルをブレンドしたハーブティー

マヌカフラワーティー

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です