食べ過ぎが原因の胃のむかつきはペパーミントでスッキリさせよう!

ネトルの抗ヒスタミン作用がアレルギー症状を緩和するって本当?
2018年5月16日
強壮作用のあるネトルは婦人病に悩む人にオススメ
2018年5月20日

ペパーミントが消化を促進する

ケーキバイキングや、焼肉バイキング、豪華なホテルバイキングに、はたまたお寿司バイキングなど、お得感満載で好きなものをたっぷりと食べられるというバイキング企画についつい魅了されてしまって食べ過ぎてしまったなんて経験のある方は多いですよね。

「制限時間いっぱいの食べ放題」という魔のフレーズに踊らされ、自分の限界以上にお皿に手を伸ばして食べ過ぎてしまうという魔のスパイラルに陥ってしまう状態です。

わかっているけど、美味しいしお得だし、どうにもこうにも止められないというあなたも、満腹の後に待っている胃のむかつきや胸焼けに悩ませられた経験はありませんか?

 

食べ過ぎによる胃のむかつきやもたれは、時間の経過とともに自分の体に重くのしかかり、さっきまでの食べ放題によるハッピー気分をぶち壊してしまうほど不快なものですよね。

 

そんな胃もたれや胃のむかつきを即座に解消してくれる作用があるのが、ペパーミントなのです。
ペパーミントはハーブティーなどでもよく知られている爽やかな香りが特徴のハーブですが、何故、そのペパーミントが胃のむかつきやもたれを解消する作用があるのでしょうか?

 

ペパーミントには、消化液の一つである胆汁の分泌促進作用を強化する働きがあります。
その胆汁自体は消化酵素ではありませんが、胆汁は、脂肪をリパーゼ(脂肪分解酵素)が分解しやすい状態を作り出すので、結果として消化酵素の働きを良くする手助けすることになります。

このような理由から、食べ過ぎによって胃もたれなどを感じた時に、ハーブティーなどでペパーミントを摂取することで、消化器の不調を改善する効果を期待できるのです。
また、その爽やかな香りが口いっぱいに広がることで、いっぱいいっぱいにまで振り切れた満腹中枢の目盛りが抑制され、徐々に通常の状態に戻るのを助けます。

 

 

まだまだあるペパーミントの効果

辛い胃のむかつきや胃もたれを解消してくれるペパーミントですが、その他にも期待される効能があります。
まず、一つ目としては、高ぶってしまった精神を抑制する効果があるのです。

確かにその爽やかな香りを嗅ぐだけで、気分がすっきりとした感じがしますよね。
この効能によって、二日酔いの時の頭痛や、乗り物酔いなどによる不快感を解消してくれる作用が期待できるのです。

 

乗り物酔いなどがひどい人は、乗り物に乗る前に少し濃いめに作ったハーブティーなどを飲み、それでも、症状が出てしまった時には、ペパーミントのアロマなどを含ませたハンカチなどの匂いを嗅ぐことで、症状の緩和につながるのです。

 

また、ペパーミントの香りには集中力を高める効果があるとされています。
大変な仕事の合間や勉強の休憩時間に、その香りを嗅ぐことで気分がリフレッシュし、新たなやる気を取り戻す結果に繋がるようです。

集中が途切れてしまったり、疲れを感じた時に、ペパーミントの香りを嗅ぐことで、脳が活性化され、リフレッシュ効果をもたらすようですね。
爽やかでありながら、適度な刺激のあるペパーミントの香りは、気分を切り替えるには大いに役立ちそうですね。

 

また、歯磨き粉などのオーラルケア用品でも多く用いられるペパーミントですが、口臭予防や抗菌作用が高いことから、虫歯予防にも繋がると考えられています。

古来日本では、ペパーミントを刻んだものを虫歯の部分に塗りこむようにすることで、虫歯の痛みや進行を防ぐことにも活用していたようです。
先人たちの知恵が現代のオーラルケアにもしっかりと反映されているということのようですね。

 

このように万能薬といってもいいほど様々な効能を持っているペパーミントを生活の中に賢く取り入れて、快適な生活を送れるようにしていきたいですね。

 

ネトルをブレンドしたハーブティー

マヌカフラワーティー

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です