リラックスできるお茶「ルイボスティー」のストレスへの効果・効能

食後に飲むと良い「ルイボスティー」の糖尿病への効果・効能
2018年10月29日
痛みの原因・プロスタグランジンを抑える鍵になる「ルイボスティー」の生理痛への効果・効能
2018年11月1日

ルイボスティーに含まれるフラボノイドの効果

 

リラックスできるお茶として知られるルイボスティーですが、何故ストレスに対して良いかと言われますとフラボノイドが含まれているからです。

ルイボスティーに含まれているフラボノイドは2種類になりまして、イソビテキシンとビテキシンになります。

これらは海外ではストレスを軽減させるための薬としても処方されており、身体をリラックスさせるので安眠へと導いてくれるでしょう。

 

その他にも抗酸化作用に優れていますので、細胞の老化を防いでくれて活性化もしますから身体の新陳代謝が良くなります。

新陳代謝が良くなりますと冷え性を改善するなど体温を温めてくれますので、質の良い睡眠を手に入れやすくなるのです。

ルイボスティーの効果・効能として、安眠や快眠を求めている人は増加しており、フラボノイドによるリラックス効果によって快適な睡眠を得られやすくなります。

 

もちろん身体全体をリラックスさせてくれるということは睡眠以外の部分にもアプローチできるということになりますので、日々の疲れに悩んでいる方におすすめです。

そもそもフラボノイドはポルフェノールの一種であり、天然に存在するものです。

抗酸化作用・免疫力を整える・アンチエイジング・血液をさらさらにするなどの効果もありまして、身体を良い状態にしてくれます。

 

リフレッシュされた状態にしてくれるということは、動きやすい身体にしてくれるということなので自然と疲れを感じさせない状態に導いているとも言えます。

当然ですがストレス緩和の効果もありまして、神経の鎮静作用がありますから花瓶になってしまった神経を和らげて、抗不安作用や精神安定作用もありますから全体的に良いと言えるでしょう。

ルイボスティーに含まれるフラボノイドの効果・効能は身体と脳を落ち着かせるために必要なものです。

 

ノンカフェインで安心なルイボスティー

 

飲み物を飲む時にカフェインを気にする人がいますが、ルイボスティーにはカフェインが含まれていませんので安心して飲むことが可能です。

カフェインを摂取すると脳活動に刺激を与えて覚醒させると言われていまして、頑張りたい時には有効的な成分なのかもしれませんが、落ち着きたい時にはあまり歓迎したくないものになります。

 

そんなカフェインを含んでいないルイボスティーですけど、その茶葉にはモノアミンオキシターゼという成分が含まれています。

モノアミンオキシターゼの効果・効能ですけど、脳内の興奮物質を抑制する作用になりまして、カフェインとは逆に近いものとなります。

興奮した状態を抑えて、ストレスを軽減してくれますから精神を安定させて落ち着かせるのです。

 

イライラした時にルイボスティーを飲んだら良いと言われる理由の一つであり、落ち着いた気分にしてくれます。

カフェインを含んでいないからこそ時と場所を選ばずに飲める安心感がありまして、フラボノイドによる安眠を誘う作用とモノアミンオキシターゼによる精神を安定させてくれる作用で心身共に良い状態にしてくれるでしょう。

 

その他のルイボスティーの成分にも注目してみますと、マグネシウム・亜鉛・セレン・ビタミンB1・ビタミンB2などの栄養素が含まれています。

これらの栄養素は体内活動のなかで欠かせないものであり、活性化をさせてくれますから体温を上げるのです。

体温が上昇しますと身体は安定して、睡眠時にもリラックスしやすくなります。

 

このようにルイボスティーに含まれている成分や栄養素によって精神的にも安定させるだけではなく、成分的にも身体を良い状態にしてくれるからこそストレスに対しても良い影響を与えてくれるのです。

だからこそ多くの方がルイボスティーの効果・効能に期待して飲まれているのでしょう。

 

 

 

ログイン

パスワードをお忘れですか ?

アカウントを作成しますか ?