美容効果が話題!ローズヒップのハーブティーは女性に魅力的な成分がいっぱい!

胃腸の症状や花粉症を和らげるハーブティー、カモミールの効能と効果
2018年1月3日
妊娠中や月経中の栄養補給に使える!ローズヒップのハーブティーの効能
2018年1月14日

こんにちは。
今回はベーシックなハーブティーの一つであるローズヒップティーについて知っていきましょう。

前回のカモミールと同様に、小バッグサイズのお手軽お得にお試しできるベーシックハーブティーのうちの一つとしてもお試しいただけます。

>>ベーシックハーブティー3種セット

たっぷり入った100gタイプもございます。

>>ローズヒップティー 100g

 

 

ローズヒップティーは程よい酸味があり、美容への効果などの点からも女性の方は普段から飲むように心がけている方もいらっしゃると思います。

ティートータルのローズヒップティー、そんな美容に役立つハーブ、ローズヒップの魅力を見ていきましょう。

 

健康的な美をもたらすローズヒップの効能

ローズヒップは美白とコラーゲンの救世主

ローズヒップのハーブティーを飲むことで得られる美容効果は多く、中でも注目の魅力ポイントとなっているのがレモンの約20倍と言われる豊富なビタミンCがもたらす数々のメリットです。

ビタミンCの美容効果で特に有名なのが、紫外線の害から肌を守ってシミ予防まで実現する美白に導くための優れた効能ですが、取り入れたコラーゲンを体内で自分の肌に生かすことができるコラーゲン生成のサポート役も努め、代謝を促進して肌のターンオーバーまで支援します。

ローズヒップが持つビタミンCは熱に強いという特徴を持っており、熱々のハーブティーにしてもビタミンC特有の優れた効能を損なうことなく体内に取り入れることが可能となっています。

一般的にビタミンCは熱で壊れやすいと言われるためフレッシュフルーツでの補給を考える人が少なくありませんが、冷え性の女性の場合冷たくてジューシーなフルーツを多く摂り過ぎると健康効果としてビタミンCを生かす以前に身体を冷やし、血液循環の滞りを引き起こすことになりかねません。

冷え性は美容の大敵でもある更年期障害や自律神経失調症を悪化させる大きな要因と考えられていることから、健康や美容効果が高いビタミンCであっても摂取方法を間違えてしまうと、せっかくの素晴らしい効果効能を生かし切れなくなる心配もあります。

その点、温かいハーブティーでローズヒップを定期的に取り入れる習慣を付ければ、冷え過ぎを心配することなく美容効果を獲得することにも繋げられます。

ローズヒップが持つビタミンCは免疫機能の向上にも大いに役立つことから、健康な身体づくりにも役立ち、女性に嬉しい効果効能をもたらすローズヒップのハーブティーは、美容効果のほかにも心身の健康を支える働きを担ってくれます。

ローズヒップは豊富なビタミンCによって古来から風邪の予防や、罹ってしまった風邪やインフルエンザからの回復を早める働きを持つことで重宝されて来ました。

温かいハーブティーとして日常的にローズヒップのビタミンCを身体に取り入れておくことで効果的な免疫力アップを図ることが可能となり風邪などの感染症だけでなく、がんなどの重大な病気に罹るリスクを減らすことにも繋げられます。

ローズヒップには免疫機能向上に欠かせないビタミンCのほかカテキンやポリフェノール、フラボノイドといった抗酸化物質をも含んでおり、加齢による細胞ダメージから身体を守る作用も期待できます。

女性の美容対策における重要課題であるアンチエイジングのためにもローズヒップのハーブティー習慣は少なからぬ貢献を果たすことになります。

女性の美はコラーゲン生成で得られるハリツヤや美白効果だけでなく内側から輝く健康的な輝きも必須と言えます。

更年期障害に陥ると強いイライラや不安感などストレスによって精神的ダメージを受けやすくなり、表情から生気が失われがちになってしまいます。

ローズヒップのハーブティーで得られる豊富なビタミンCは脳内でストレスに対抗する神経伝達物質を生成する副腎皮質ホルモンのサポートを行って、更年期障害でバランスを崩した自律神経を助けてリラックスをもたらすセロトニンなどの脳内神経伝達物質を増やすことにも繋げられます。

ビタミンCのほかホウレンソウの約2倍と言われる鉄分もローズヒップには含まれ、脳内に酸素を送り込むために大切な血液浄化にも役立ち、落ち込みがちな更年期の心を支え、ローズヒップのハーブティーで加齢に負けない美容効果が期待できます。

 

過熱してもビタミンCが壊れにくい!
コラーゲン生成ができるローズヒップのハーブティー!

コラーゲンはぷるぷるしたハリのある肌に欠かせないたんぱく質として美容ドリンクやサプリメントでも人気の成分となっています。

すっぽんや鶏手羽、フカヒレや牛スジ、豚足などをメインにしたコラーゲンたっぷりの料理も大人気ですが、すでに生成済みのコラーゲンを外部から食品やドリンクで摂取しても自分自身のコラーゲンとして生かしにくいという説もあり、元になる成分を取り入れて自前でコラーゲン生成を行うほうが良い美容効果が得られると言われます。

コラーゲンはたんぱく質の一種だけに、元になる成分もたんぱく質ということでコラーゲンを含む食品やドリンクも当然、素材として適しています。

食品などから摂取したコラーゲンは体内に入るとアミノ酸に分解され吸収されて行き、必須アミノ酸のリジンやプロリンと呼ばれる非必須アミノ酸、そしてビタミンCの働きによってコラーゲンとして再構築されて行きます。

このためコラーゲンたっぷりの食材を摂る折は体内でのコラーゲン生成に必要なアミノ酸量と、何よりもビタミンCが不可欠となります。

コラーゲンになるためのたんぱく質とアミノ酸が揃っていてもビタミンCが無ければコラーゲンの構造にすることができないと言われます。

コラーゲンたっぷりの食事を摂ってもビタミンCが必要量に達していないと、良い素材があっても自前のコラーゲンを作って美容に生かすことができないことになります。

その大事なビタミンCを摂取するために有効なのがローズヒップのハーブティーです。

ローズヒップが豊富に含むビタミンCは熱に強いと言われホットのハーブティーで充分な量を摂取することができます。

ホルモンバランスの影響で肌トラブルに見舞われやすい女性にとって更年期の美容対策は大きな課題ですが、ローズヒップのハーブティーでビタミンCを効率的に摂取し、コラーゲンの元になる質の良いたんぱく質の多い食事やサプリメントを利用した更年期障害へのセルフケアを有効に行うことによって美肌や健康づくりに役立つコラーゲン生成が実現できます。

 

ローズヒップが含む成分が誇る効果効能

ローズヒップのハーブティーで摂取できるビタミンCはレモンの約20倍と言われビタミンCの爆弾という異名をとるほどとなっています。

一般的に加熱に弱いとされるビタミンCですがローズヒップに含まれているものは酵素やビタミンPの作用によって熱いハーブティーにしても損なわれないというメリットもあります。

ティーカップの大きさや濃度にもよりますが一日に必要なビタミンC量は約3杯のローズヒップ・ハーブティーで得られるとされ、胃腸に優しい温かい飲料として体内に到達することから有効成分の効能が生かしやすいと言われます。

ローズヒップのビタミンCは体内でのコラーゲン生成に最も重要な成分となりますが、免疫機能の向上にも役立ち風邪予防やひいてしまった風邪からの回復をも助ける頼もしい存在でもあります。

更年期に差し掛かると代謝機能が落ちることから肌トラブルも多くなりローズヒップ・ハーブティーでのコラーゲン生成力アップは嬉しいポイントですが、健康的な美容効果を安定して獲得するためには免疫機能の向上が重要になってきます。

ローズヒップで摂取できる熱に強いビタミンCは胃腸に負担がかからない温かいハーブティーとして体内に届くおかげで、ローズヒップが持つビタミン類以外の質の良い栄養素も吸収しやすくなるため健康づくりに役立ちます。

さらにビタミンCは、免疫機能において重要な役割を果たしている免疫物質インターフェロンの生成に必須の成分で、体内のインターフェロン量はビタミンCの量に依存するとまで言われています。

更年期障害の対策に有効なプラセンタサプリメントや月見草オイルサプリメントは共に優れた効能を持っていますが、美容効果も含め少しでも早く生かすためには効率の良いコラーゲン生成のほか、健康美を高めるための免疫力の向上も重要となります。ローズヒップのハーブティーで得られる効能は女性の美と健康に大いに役立ちます。

 

>>ベーシックハーブティー3種セット

>>ローズヒップティー 100g

 

 

お肌の悩みに効果的!
美肌効果が見逃せないローズヒップのハーブティー

美肌効果を期待してさまざまな効能を持つサプリメントやコラーゲン入りドリンクを摂取する人は少なくありませんが、心身共に健康でなければせっかくの良い成分が生かし切れないのが実情です。

特に更年期世代はただでさえ肌のハリツヤに不安が増して来たところに更年期障害まで加わって、体調不良のせいで美容方面のケアが不十分になりお肌の悩みが増してしまいがちです。

更年期に陥りがちな不調対策にはセルフケアを心がけ、体調を整えた上でローズヒップのハーブティーを飲む習慣をつけて心身の健康サポートに貢献すると共に、美肌効果を得るための必要な栄養素を効率良く獲得することが可能になります。

前述したようにローズヒップはビタミンCの爆弾とも言われ、レモンの約20倍と言われる多量のビタミンCを含有しています。

ビタミンCで真っ先に思い浮かぶ美肌効果と言えば、紫外線の害による活性酸素を分解してメラニン色素の元となるチロシンというアミノ酸の一種を抑え、生成されてしまったメラニンをも還元作用によって無色化するという高い美白パワーです。

ビタミンCが持つ美白効果は、メラニンの生成を抑えてシミ予防を心掛けるという観点からは化粧品で肌につけるより食物や飲料によって摂取したほうがより高い予防効果を得ることができるとされ、ハーブティーによって効率良く多量のビタミンCを体内に取り入れられるローズヒップこそが美白ケアに最適となります。

ローズヒップが豊富に含有しているビタミンCは加熱しても効果が失われないというメリットも持っています。

一般的に熱で壊れやすいと言われるビタミンCですが、ローズヒップの場合ビタミンCと共に含まれるビタミンPと酵素の働きで安定しやすい状態となっており、温かいハーブティーでたっぷりのビタミンCを摂ることが可能となっています。

冷え性の人は身体に良いからと生のフルーツを摂り過ぎると冷えがさらに増してしまう面があるため、ローズヒップのハーブティーはビタミンCの最も良い摂取方法と言えます。

 

美容サプリ級の効能を持つローズヒップ

ローズヒップのハーブティーで効率良く体内に取り入れた豊富なビタミンCは、美白効果だけに留まらず加齢によって失われがちな肌のハリツヤというお肌の悩み解決にも役立つ効能があります。

肌のハリツヤ対策に最適なのがコラーゲンの摂取ということで、スキンケア製品だけでなくコラーゲンたっぷりのすっぽんやフカヒレなどの食材にこだわったり、質の良いコラーゲン含有のドリンクやサプリメントで体内に取り込む対策も重視されますが、一説にはすでに生成された状態のコラーゲンでは身体に取り入れただけでは自分自身のコラーゲンとして役立てにくく、元になる成分を取り入れた上で体内で自前コラーゲンを生成できなければ良い美肌効果には繋がりません。

食品などから摂取したコラーゲンはたんぱく質ということで体内でいったんアミノ酸に分解されるため、それを体内でコラーゲンに再構築してこそ自分の肌に役立てられるコラーゲンになります。

その際必要なのが必須アミノ酸のリジンと非必須アミノ酸のプロリンですが、これらがあってもビタミンCの働き無くしてはコラーゲンへの再構築は困難です。

食物やサプリによってコラーゲンを体内に取り入れても、自前のコラーゲンを生成するために必要なアミノ酸とビタミンCがなければ美肌効果が思うように得られないことになります。

必要な量のビタミンCがあってこそ、素材のたんぱく質をアミノ酸から、自分の肌に生かせるコラーゲンに再構築できるということで、コラーゲンたっぷり料理にローズヒップのハーブティーを飲めば、美肌効果獲得の可能性が一気に高まります。

更年期に差し掛かると女性ホルモンの分泌低下で肌トラブルも増えてしまいがちですが、サプリメントを活用したセルフケアと、毎日のローズヒップ・ハーブティー習慣でお肌の悩みを健康的な解決に導き、気持ちを上向かせることにも繋げて行けます。

 

 

>>ベーシックハーブティー3種セット

>>ローズヒップティー 100g

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です