ルイボスティーが糖尿病対策に注目されている理由とは

ホルモンの合成を補助「ルイボスティー」の更年期障害への効果・効能
2018年11月22日
正しい飲み方をしてますか?ルイボスティーで効果を実感するには
2018年11月30日

そもそも糖尿病とはどのようなものか

 

ルイボスティーで糖尿病が改善されるといわれており、最近では注目されていますがそもそもこの病気がどのような病気なのかをよく知っている人はあまりません。

何となく食事制限などがありつらい病気として知られているだけで、詳しく知っている人はそれほどいないはずです。

もちろん、専門家になるわけではありませんので詳しく知る必要がありませんが、それでも投入量の基本を知っておくだけで水分と印象が変わってくるでしょう。

そもそも糖尿病とは、1型と2型があることをしておく必要があります。

1型は先天的なものになりますので生まれてからの食生活で病気になるわけではありません。

これに対して一般的に贅沢病といわれている方の糖尿病が2型のものになります。

これはどのようにしたらなるかといえば、体質にもよりますが基本的に糖質を取り過ぎるとなってしまいます。

糖質とは、景気やアイスクリームなどの甘いものをイメージしがちですが実は炭水化物などにもかなり糖質が含まれておりむしろそちらの方が危険とされています。

なぜなら炭水化物は、1日3食たべることが普通だからです。

もちろん適度に食べていれば炭水化物を摂取することは問題ありませんが、必要以上に食べてしまうと糖分が入り過ぎてしまいます。

当分は殻にはいるとぶどう糖に変化しますが血液中のブドウ糖のことを血糖と言ったりします。

よく血糖値が高いなどと言いますが、これは血液中に含まれるブドウ糖の量が高いことを意味しています。

言い換えるならば、血液中にたくさんの糖質が入ってしまっているのが原因です。

もちろん血液もある程度の糖質が必要になりますので、炭水化物や甘いものをとることはそれほど問題ありませんが、過剰に体内に入れてしまうと血液からからの各所にブドウ糖を十分に運ぶことができなくなってしまうわけです。

ブドウ糖自体はエネルギー源として知られています。

必要なものになりますが、過剰に摂取してしまうと体中に運ぶことができなくなり血液の中にたまってしまうわけです。

実はブドウ糖を運ぶのがインスリンと呼ばれる体内でつくられる物質になります。

インスリンは、人間の体の中でつくられますがつくられる量に限界がありますので血糖値が上がり過ぎると体の各所に運べなくなってしまうわけです。

そうすると、血液中にブドウ糖がたくさんになってしまいこれが糖尿病になる理由の一つです。

しかも、糖尿病は痛みなどが伴うことはなく、初期の段階では気付きにくいのが治療の遅れる原因の一つです。

 

 

 

ルイボスティーと糖尿病の関係とは

 

糖尿病は、血糖値が上がり過ぎてしまいインスリンが十分に働くことができなくなってしまうことからおこるものとされていることが理解できたはずです。

ちなみに1型は、生まれつき体内でインスリンを作る量が少ない人はなりやすいとされています。

そのため贅沢病とは少し異なり、生まれつきの病気として注射などを定期的にしなければなりません。

では、後天的に投入分になったら死とはどのようになるかといえば、やはり血糖値を下げるためにインスリンを体内に入れなければならず、基本的には注射を使って毎日インスリンを入れるようにしています。

もちろんこれを入れずにセガすることができねえわけではありませんが、毎日の食事制限が課されます。

例えばご飯は1食あたり70gまでしか食べてはいけないなどと言われる決まりがあり、これを超えてしまうとより病気が悪化してしまい最終的には目が見えなくなったり足の先端などに血液が通わなくなり切断しなければならなくなるわけです。

このように考えるならば、インスリンを体内に積極的に入れなければならないことが理解できるでしょう。

ではルイボスティーがどのように関係してくるかといえば、ルイボスティー自体にはインスリンのもととなるものが含まれておりこれを定期的に飲み続けることで糖質が血管にたまるのを抑える役割があります。

つまり、注射をしなくてもルイボスティーをのみつづけることである程度インスリンをルイボスティーのみで身体の中に入れることが可能になるわけです。

このような理由から、ルイボスティーは糖尿病に良いとされていますがあまり過信をしてもいけません。

なぜなら、ルイボスティーに入っているインスリンの量はそれほど多くないからです。

つまり少量のものが含まれているだけで、やはり注射を打つのとは少し異なり、かなりの量をのまなければならないことになるでしょう。

当然たくさんルイボスティーをのんでしまうとそこには多少なりとも糖質が含まれていますので逆効果になってしまう可能性も考えられるわけです。

いずれにしても、一つのものをたくさん飲み続けるのは体に悪い影響を及ぼす可能性がありますのであまりお勧めはできません。

確かに、糖尿病に対しては一定の効果を得ることができる可能性が高いですがそれのみで治るわけではなく多少抑えることができる程度と考えておきましょう。

ルイボスティーの効果は認めるとしても自分自身の身体のことは、主治医などの判断に任せたほうが確実になります。

 

Tea Total Japan
Tea Total Japan
https://teatotal.jp/shop/rooibos-cream-caramel-100g/
ニュージーランド発のティーブランド ティートータルの商品を直輸入でお届け