ルイボスティーの効果・効能|飲み過ぎると葉酸の吸収が鈍る副作用アリ

アールグレイの香りの源『ベルガモット』とは?
2018年9月27日
ハーブティーの効果・効能|興奮成分のカフェインがないから安心
2018年9月29日

ルイボスティーの効能と効果

南アフリカで「奇跡のお茶」「不老長寿のお茶」として親しまれているルイボスティーをご存知ですか。

最近ではスーパーでティーバックが販売されていたり、カフェでも取り扱いがあるお店が増えているので、メジャーな飲み物になりつつありますね。

ルイボスティーには多くの効能がありますが、特に女性に嬉しいのはアンチエイジング効果ではないでしょうか。

 

ルイボスティーに含まれる酵素にはSOD様効果があります。

このSOD様効果で老化現象の原因である体内の「活性酸素」を強力に除去でき、シミ・シワなどの肌の老化も防ぐことが出来ます。

薬ではないので即効性はありませんが、続けることで少しずつ表れる変化を楽しみましょう。

またルイボスティーにはたくさんのミネラルが含まれています。

女性の悩みに多い冷えやむくみはミネラル補給で解消出来るので嬉しいですね。

 

さらにミネラルの内、マグネシウムには便を柔らかくして便秘解消する効果もあります。

腸内環境が整うと肌のコンディションも良くなります。

一方で飲みすぎると下痢になる場合もあるようですので、気になる方はルイボスティーを薄めて飲むようにすると良いですよ。

ルイボスティーの良いところはカフェインが入っていないので、夜寝る前や妊娠中、授乳中でも気兼ねなく飲むことが出来るところです。

 

2種類のフラボノイド(ビテキシン、イソビテキシン)が含まれており特有のリラックス効果発揮されます。

フラボノイドでリラックスし、抗酸化作用により新陳代謝がアップすることで体温が上がり、ポカポカした状態でぐっすり眠れます。

眠る前に冷たいルイボスティーを大量に飲むと逆に冷えてしまう場合もありますので、ホットを適量ゆっくり飲むことをオススメします。

女性に嬉しい効能がたくさんあるルイボスティーを日常に上手に取り入れたいですね。

 

 

Tea Total Japan
Tea Total Japan
https://teatotal.jp/shop/rooibos-cream-caramel-100g/
ニュージーランド発のティーブランド ティートータルの商品を直輸入でお届け

 

 

ルイボスティーの副作用

たくさんの嬉しい効能があるルイボスティーは、特に妊活中や妊娠中、授乳中の女性に支持されています。

最も大きいメリットは神経や粘膜を刺激するカフェインが含まれていないことです。

ルイボスティーには鉄分、カルシウムだけでなくホルモンバランスを整える効果や抗酸化作用があるので、母体や赤ちゃんにはメリットがたくさんあります。

ミネラルは体内の水分量を増やす効果があるので、母乳の質も良くなります。

 

一方で副作用が出る場合もあるようです。

よく言われるのが、葉酸を破壊する作用があるのではないかということです。

赤ちゃんのために葉酸サプリなどで摂取している女性も多いので気になるところだと思います。

原因はルイボスティーに含まれるタンニンが葉酸を破壊してしまうからなのですが、実際の含有量はごく微量ですので、葉酸の吸収を阻害するほどの効果はありません。

むしろコーヒーや濃いお茶のタンニンの含有量はルイボスティーの30倍にもありますので、こちらを気を付けた方が良さそうです。

 

また喉がイガイガしたり、蕁麻疹が出たという場合もあるそうです。

これは主にアレルギー症状です。

ルイボスというマメ科の植物から出来ているお茶ですので、大豆アレルギーがある方は飲む際に注意が必要かもしれませんね。

少量から試し、変化がなければ少しずつ量を増やして、不調がないかを慎重に確認しながら飲んでみて下さい。

 

また抗酸化作用で血行が良くなると、アレルギー体質の人は蕁麻疹やアトピーが出てしまうこともあります。

その際も同様に様子を見ながら日常に取り入れて下さい。

子どもからお年寄りまで老若男女問わず嬉しい効能がたくさんあるルイボスティーは、ホットやコールドだけでなく効能に合わせた様々なアレンジレシピがあります。飽きることなく毎日続けましょう。