デトックスならルイボスティー!むくみも解消、ルイボスティーの嬉しい作用

ルイボスティーの効能効果とは?便秘改善作用と整腸作用で腸から美肌に!
2018年2月25日
アールグレイローズ 華やかなバラの香りが楽しめるティートータルの人気商品!
2018年3月1日

デトックスのお供にルイボスティー。スッキリしたボディを手に入れよう

一般的なハーブティーとは少し違う独特の風味が特徴のルイボスティーは、健康や美容にいい飲み物だとしてすっかり知名度が高くなりました。

冷えやむくみに効き、デトックス効果があることからダイエットに良い上に肌にも良いということで多くの女性を中心に人気が高いのですが、ルイボスティーに期待できる効果や効能はこれだけではありません。
他にどのような恩恵が得られるのかを紹介していきます。

まずは妊活中あるいは妊娠中の女性に対する効果です。

ルイボスティーには亜鉛やミネラル、ポリフェノールなどの成分が含まれています。
これらの成分は日常生活では不足しやすい傾向にあるのですが、しっかり補給することで卵子の質を上げ、排卵周期を安定させてくれるため妊娠しやすい状態に近づけてくれる働きがあります。

また妊娠中であれば赤ちゃんを育てるのに様々な栄養が不足しがちな状態になってしまうので、ミネラル類が補給できるルイボスティーは妊婦さんにもおすすめのお茶なのです。

次に質の良い睡眠を得られるということですが、これはルイボスティーに含まれるフラボノイドがストレスを抑制することに由来します。

そのためストレスを軽減させ、リラックス状態になるだけではなく体温上昇を促すという3つのポイントが要因となって快適な眠りへと誘ってくれます。
紅茶というカテゴリーではありますがノンカフェインなので、寝る前のカフェインを気にしている人でも安心して飲むことができます。

最後に花粉症やアトピーを抑制してくれるという働きです。
豊富に含まれているミネラル類が体内の細胞を活性化させ、免疫力をアップさせてくれることが期待できます。

飲めば治るというわけではありませんが、症状がひどいという人が飲み続けることでその辛さを緩和させることが期待できます。

その他にも様々な効能があるルイボスティーですが、ダイエットや美容だけに良いというわけではなく様々な観点から見てとても体に良い飲み物だということが分かります。

 

効果が実感できない原因として考えられるもの

健康にも美容にも良いということで人気が高いルイボスティーに魅力を感じている人は多いでしょう。

日常的に飲んでいるお茶やハーブティーをルイボスティーに変えるだけでデトックスすることができるのであれば、大変な思いをしてダイエットをしなくても楽に痩せることができると思っている女性もたくさんいます。

しかし飲んでもなかなかその恩恵が受けられない、あるいは実感することができないと思っている人がいるのも事実です。
なぜそのようなことになるのかというのには、いくつか原因が考えられます。

 

・煮出すことをせずに飲んでいた

ルイボスティーはしっかり煮出さないとその効能を実感することができない可能性があります。
渋くなるのではないかと思ってしまう人も多いのですが、その成分をしっかり摂取したいという目的で飲むのであれば長く煮出す必要があるのです。
水出しやティーパックを利用したものが手軽で飲みやすいのですが、より恩恵を受けたいと思っている人は煮出したものを利用してみると良いでしょう。

・飲む量が少なすぎるのもNG

薬ではないので飲むべき量が決められているわけではありませんし、たくさん飲めば良いというものでもないのは事実です。
しかし1日1杯程度ではなかなか体への変化を実感することができないでしょう。
体質などにも影響するので、自分に合った量を見極めるということも大切です。
そうすれば効率よくデトックスし、体をすっきりさせることができるでしょう。

・ルイボスティーに頼りすぎて努力をしていない

豊富なミネラル類によって冷えやむくみが改善され、利尿作用も期待できるルイボスティーですが、飲めば痩せるというようなものではありません。
あくまで痩せやすいようにサポートしてくれるだけのものなので、運動をするようにしたり、より利尿作用や便秘改善を促すために水を飲むようにするなどの一般的なダイエットにも力を入れなければ意味をなさない可能性があります。
効能がたくさんあって魅力的な飲み物ではありますが、それだけに頼り過ぎないように注意しましょう。

 

 

疲労感が気になるときにはルイボスティーがおすすめ

夏の終わりや、毎日の仕事の疲れが体に残っている方は、疲労感が原因で体がダルいと感じたり何をやっても疲れやすいと感じる事が増えています。
そこで自宅で手軽に行えるリラックス方法として人気が高くなってきているのが「ルイボスティー」を生活に取り入れる方法です。

ルイボスティーというと紅茶をイメージする方は多いですが、ルイボスは南アフリカに自生しているマメ科の植物で、その植物を元に作られたハーブティーの一つです。
南アフリカでは日常的にお茶として飲用されており、普段から常飲している部族と、常飲していない部族では見た目年齢に差があることに注目したロシア学者によって、ルイボスティーの効能が注目されました。

ルイボスティーの効能の一つとして、高いリラックス効果があります。
疲れやすい状態になっていると毎日就寝しても質の良い睡眠が取れず、翌日になっても疲れが取れていないという状態になりやすくなります。

しかしルイボスティーを飲むと体の上手に自律神経をなだめる事ができるので、自身が持つ健康効果が効率よく発揮される状態へと導き、就寝時間をリラックスタイムにして疲労回復に努めたり傷んだ細胞を修復する時間に切り替えることができます。

またコーヒーや紅茶はカフェインが含まれているので就寝前に飲むことができませんが、ルイボスティーはカフェインを含まないハーブティーなので時間を気にせずに摂取することが可能です。

ストレスがたまり疲れやすい体は腸内環境が悪くなり便秘がちの方が多いため、ルイボスティーに含まれているマグネシウムを摂取することで、腸内の水分量を一定に保ち慢性的な便秘症状を改善することができます。
便秘薬を利用せずにお腹の調子を整えたいと思っている方にとっても強い味方として多くの女性に飲まれています。

 

 

女性に嬉しい強壮作用とは

ルイボスティーは特に女性を中心に人気になっている特徴として、妊活中の方や妊娠中で体が冷えたり、貧血状態になりやすい方に効果的な強壮作用があることが挙げられます。

ルイボスティーに含まれるアスパラチンという成分は、女性ホルモンであるエストロゲンに似た作用があるので、妊活中女性に良いと言われる理由の一つです。このエストロゲンに近い作用を上手く取り入れることで、月経困難症や排卵障害など女性機能を正常に改善することが期待されています。

また妊活をしている方に必要となってくるのが、体内の活性酸素を除去する抗酸化作用です。

日常的にストレスや環境が原因で活性酸素が増えてしまっている場合、生殖部位が活性酸素で攻撃を受けてしまい妊娠がしにくい環境を作り出してしまっている可能性があります。

そのためルイボスティーを普段から飲むことで、上手く活性酸素を除去することができれば着床しやすいとされる血液循環の良い子宮となり、妊娠しやすい状態を自分で整えることが出来るメリットがあります。

また既に妊娠をしている方はむくみや冷えが起こりやすいですが、ルイボスティーにはマグネシウムや亜鉛、カルシウムなど豊富なミネラル成分が含まれている特徴があるので、体のむくみや冷えを効果的に解消して、体の調子をととのえることができます。

妊娠中の女性は精神的に安定をしない場合も多いので、ルイボスティーを飲んで体の中から温めリラックス効果を得ることで、出産まで健やかに過ごすことが出来るのも魅力となっており、最近では妊娠祝いのプレゼントとして、ルイボスティーの詰め合わせを贈るという方も増えてきています。

お茶に多く含まれているタンニンという成分が、ミネラル成分の摂取を阻みますが、ルイボスティーはタンニンが含まないものも多いので、ミネラル成分を余すところなく摂取することが可能です。

ティートータルのルイボスティーはタンニン、カフェインを含んでいないので安心して飲めます。
(ルイボス クリームキャラメルのみ、ブレンドの都合上、カフェインが0.14%入っています。)

 

 

ルイボスティーの利尿作用でむくみを予防

ルイボスティーについての基本的な知識

ルイボスティーは、南アフリカ共和国のケープタウンから北に200km行ったところにある、セダルバーグ山脈に囲まれた一帯で栽培されているお茶です。

この地域は、鉱物がたくさん採れる地域としても知られています。この地域でしか栽培されておらず、日本ではもちろん栽培はできません。

「ティー」という名前はついていますが、通常の紅茶や日本茶などのように茶葉から作られるのではなく、豆科の灌木(いわゆる「しげみ」のようなもの)の松の葉のような針状になった葉の部分で、学名はアスパラサス・リネアリスと呼ばれています。

古くから、南アフリカの先住民の間で日常的な飲み物として飲まれてきている一方、最近では「奇跡のお茶」「不老長寿のお茶」として、健康にも役立つ飲み物としての注目が集まっています。

分類上は、紅茶や日本茶などのいわゆるお茶とは一線を画して、ハーブティーの一種を言うことができるでしょう。

ルイボスティーは、名前に「ティー」とついてはいますが、ノンカフェインなのが特徴です。

これは、ハーブティーなどにも共通することですが、ノンカフェインですので夜に飲んでも大丈夫ですし、妊婦さんや産後で授乳中のママなどにもおすすめの飲みものと言えます。

加えてノンカロリーで糖質もありませんので、ダイエットをしたい方にもおすすめです。

また、整腸作用があるため、便秘がちな方や胃腸の調子が悪い方にもお腹に優しく、体質改善を図ることもできます。

さらに、リラックス効果もありますので、寝る前に温かいルイボスティーを飲むことで身体も温まり、快眠を導いてくれます。

美容にも良く、身体の中で老化の原因となる活性酸素を除去してくれる働きもありますので、抗炎症作用や高脂血症予防など、生活習慣病の予防にも役立つことができ、健康に過ごすことが可能です。

 

ルイボスティーのむくみや冷え性予防効果

美容や健康に良い効能がたくさんあるルイボスティーですが、女性で悩んでいる方が多いむくみや冷え性の予防にもとても役立ちます。

そもそもむくみの原因は、身体の中にたまっている余分な水分を上手に排出することが必要なのですが、それがうまくできていないことに起因しています。

身体の中の余分な水分を輩出していくためには、適度に水分補給をしていくことが大切です。

むくみの原因になるのは水分を摂りすぎているからと考える方もいますが、水分の摂りすぎがむくみの原因となっている訳ではありません。

むくみの原因は、リンパや血の巡りが悪くなっていることにも関係しているため、リンパや血の巡りが良くなるように工夫していくことが大切です。

ルイボスティーは体内にエネルギーを生み出して、体温を上げる働きをする亜鉛などのミネラルを多く含んでいます。

ミネラルを摂取することで、腎臓に働きかけてリンパや血の巡りが良くなり、身体にとって余分な水分を輩出していく、いわゆる利尿作用があると言えます。

ルイボスティーを飲むことによって、余分な水分が利尿作用で排出されやすくなり、その結果、むくみを予防することができます。

また、ルイボスティーは冷え性の予防にも役立つ効能があります。

冷え性の原因はさまざまですが、リンパや血液の巡りが悪いことも冷え性の原因となります。

リンパや血液の巡りが悪いと足先や指先まで血が巡りにくくなってしまい、冬だけでなく夏でも身体が冷えやすくなったり、基礎代謝が落ちてしまうなど、さまざまな困った症状が出て来るのです。

そのため、リンパや血液の循環を良くすルイボスティーを適度に摂取することで体質改善になり、冷え性も改善されるという嬉しい効能が見られます。

さまざまな効能や効果があるルイボスティーを摂取して健康な生活を送りたいものです。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です