ルイボスティーの効能効果とは?便秘改善作用と整腸作用で腸から美肌に!

うがいにも使える!アールグレイティーの抗菌作用に注目
2018年2月24日
デトックスならルイボスティー!むくみも解消、ルイボスティーの嬉しい作用
2018年2月28日

カチカチ便秘を改善するならルイボスティー

便秘に悩む人にはルイボスティーが良い

女性に多い便秘ですが、毎回カチカチでトイレに時間がかかって憂鬱だと感じている人は多いです。

便秘は美肌の大敵ですし、お腹も重くてイライラしてしまいます。

今まで何を試しても効果が感じられなかったという人は、ぜひルイボスティーを飲んでみて下さい。
ルイボスティーはハーブティーとして利用されているマメ科のハーブです。

ルイボスティーは色々な作用があると言われていますが、便秘の改善にとても効果的だと言われています。
それはルイボスティーの持つ整腸作用にあります。

ルイボスティーは便秘薬のようにきつい腹痛が起きず、自然な便意を感じられるのでおすすめです。

まず、ルイボスティーには「SOD(スーパーオキシドジムスターゼ)」という抗酸化物質が含まれていて、活性酸素を取り除くことが可能です。
そして、このSODは、腸の動きを活発にして悪玉菌を効率良く排出します。

その結果、腸内に善玉菌が多く残って腸内環境を健康に保つ効果が期待できるというわけです。
ヨーグルトや乳酸菌飲料などで腸内環境を整えるのも大切ですが、悪玉菌を体外に排出して相対的に善玉菌を多くできるのがルイボスティーの強みです。

また「マグネシウム」という成分も入っていて、この成分は腸内で水分を集める働きを持っていますので、カチカチ便を柔らかくする作用があります。

腸管に水分を浸透させて便通を良くするので、腸の自然な動きが促され、自然でスムーズなお通じになります。

マグネシウムは便を柔らかくするための便秘薬にも用いられている成分なので、その効能は期待できるものだと感じます。

ルイボスティーにはカフェインが含まれていませんので、自然な腸の動きを取り戻すことができそうです。

便秘薬から脱したいという人は、ルイボスティーを飲みながら様子を見てみるのも一つの方法です。

 

整腸作用が得られるルイボスティーの飲み方

整腸作用が期待できるルイボスティーの効果・効能を得るため、飲み方にも注目しましょう。

量としては、1日にコップ2〜3杯程度が良いと言われています。
それ以上飲んでも特に副作用はないとされていますが、たくさん飲んだからと言ってすぐにお通じが良くなるというわけでもなさそうです。

一度に大量に飲むのではなく、毎日コツコツ続けて飲むことが大切です。
1杯目は起床後5分以内に飲むことが推奨されています。
起きてすぐに飲むことで腸が活発になり、朝のスッキリに役立ちます。
これまで朝はコップ1杯の水を飲んでいたという人は、ルイボスティーに変えることで何倍ものお通じ改善効果が期待できることでしょう。

とあるデータでは、40人の女子大生を対象に毎日コップ2杯のルイボスティーを飲み、便通改善の経過を見たところ、25人が2〜3日でお通じが良くなったという結果が出ました。
他の被験者も1〜2週間も飲めば改善したということで、変化がなかったのはたったの2人だけだったそうです。

何日か飲み続けても変わらない、または飲んでみたけれど変わらなかったという人も、数週間は続けて見た方が良いと思います。
個人差があるのは当然のことであり、ハーブティーは薬ではないのでとにかく続けてみるということが大事だと感じます。

また品質にも注意したいもので、良いルイボスティーの見分け方というものがあります。

例えば、茶葉が細かく整っているものは新芽を使っている高級品であることが多いです。

新芽を使っているものは養分が豊富なので甘みがあってマイルドな味わいになります。
毎日飲み続けるものが不味いものでは困りますので、品質や風味にこだわることも大切です。

 

 

ルイボスティーで老廃物の排出を促して美肌に近づく

女性から人気が出ているルイボスティー

近年、さまざまなハーブティーが女性の間で注目をあつめています。

コーヒーでもデカフェが人気が出てきたりと、カフェインをとらずに飲み物を美味しく味わって体にやさしくというのがトレンドになりつつあります。

ストレス社会のなかで、女性ホルモンの乱れが起きると、肌が荒れてしまうことがよくあります。
また、生理の前に過度にイライラしてしまうなどの症状で悩んでいる女性も少なくありません。
そういった中で、より体にやさしい飲み物を取ることによって心身のリラックスを促し、快適にすごしながら美肌も手に入れたいという女性たちが注目し出したのがハーブティーの一種のルイボスティーです。

ルイボスティーは少しくせのある味と感じるひともいますが、今は色々なメーカーから販売されているので、自分の口に合うものを見つけられれば、ネットでも買えたりと、便利です。

ペットボトルものもありますし、ティーバッグタイプなど、それぞれのライフスタイルに合わせて飲めば、無理なくつづけられます。

アフリカの大地で生まれたとされるルイボスティーは、アフリカの人々の間では万能薬のように飲み続けられて来ました。
適度な利尿作用に、むくみ防止効果があり、肌がととのいやすくなるといいます。

利尿作用を期待して煎茶やコーヒーを飲むと、カフェインがあるので刺激になりますが、ルイボスティーだと刺激がありません。
あくまでもやさしく作用してくれるお茶として有名です。
飲み続けることで徐々に老廃物を排出しやすい体質に変わるひとも少なくありません。

とくに、PMSがつらくてノンカフェインティーを飲むようになった女性が行きつく究極の美肌ティーがルイボスティーだということはよく言われています。
また、強い抗酸化作用も特徴のひとつです。
抗酸化作用は、常に体内で生まれる老化のもとの活性酸素をおさえてくれます。

 

 

女性の体にやさしいハーブティー

ハーブティーは基本的にカフェインレスなので、生理のある女性にとって、女性ホルモンの波で心身が落ち着かないときには、カフェインの強いのみもの刺激が少なくよりリラックス効果もありPMSなどにも緩和効果が期待されると言われています。

なかでもルイボスティーには、ケルセチンというポリフェノールの一種の成分が入っていて、血管の強化などの効果がありその効能から、美肌効果が期待できると言われています。

ポリフェノールといえば抗酸化作用があると知っているひとは多いですが、ルイボスティーの抗酸化作用は美肌に効くと評判がよいです。

ノンカフェインなこともあり、妊婦さんにも人気があります。
内臓や腸にも、整える効能が期待できるとされているので、全身にやさしく、老廃物の除去を促してくれます。

老廃物がたまると肌が荒れるので、腸にも働きかけてくれるルイボスティーはハーブティーのなかでも女性に嬉しい効能が多いお茶と言われています。
また、安眠に良いというフラボノイドも二種類含まれており、寝付きの悪さなども改善するひともいます。

抗酸化作用に整腸作用、リラックスに血管の強化ときたら肌によいことばかりです。
加えて、飲むと口がサッパリするだけでなく、口臭防止にもなります。

トータルで女性の強い味方になってくれる飲み物と言えます。
美肌を目指すなら、健康が大前提ですが、ルイボスティーはそもそも健康に作用が強いものですから、おのずと美肌はついて来るというわけです。

妊活中の女性にもすすめられることが多いルイボスティーは、アフリカの恵みがくれる栄養とやさしさがつまっています。
夜寝る前でもいつでも飲めるのも利点です。
時間帯を気にせず飲めることもストレス軽減に一役買います。
カフェインありのものではそうはいきませんから、一度はまるとリピートし続ける女性が多いです。

 

 

ルイボスティーで食べ過ぎや飲み過ぎのお疲れの腸を整える

整腸作用などのさまざまな効能があります

ルイボスティーはハーブティーのように手軽に飲むことができさまざまな効能があります。

原料であるルイボスは南アフリカ原産の植物で、「赤い灌木」の意味があります。
マメ科の植物で葉を乾燥させ「ルイボスティー」が作られていて、お茶になることによりルイボスティーと呼ばれていますが日本茶や中国茶などとは違うものです。
いわゆる葉っぱのような形状ではなく松のような針状の葉をしていて、ルイボスはミネラルがたくさんある大地の中で育まれます。

山岳地帯において飲まれていたルイボスティーですが、20世紀の初頭にロシア人によって発見され世界中に広まりました。
暖かい土地が原産国なのでルイボスティーは汗から失われる体内にある塩分も補給してくれる作用があり、夏バテはもちろん熱中症など予防にも利用することが可能です。

アンチエイジングにも役立ちフラボノイドを含んでいるので、シミやソバカスなどの老化に関する活性酵素なども取り除くことができます。

ルイボスティーはカルシウムやビタミン類・ミネラルなどが豊富に含まれているので整腸作用があり腸内環境と整えたり、悪玉菌や毒素などを外に排出するサポートを行うので食べ過ぎたり飲み過ぎたりする際に役立ちます。

胃を整えたり下痢の改善するなどにも貢献することができ、代謝の促進作用があるので便秘を解消し、ダイエットにも繋がるでしょう。

女性の天敵である冷え性の改善にも役立つので、いろいろな効能を実感することができます。

ミネラルが含まれているのでアレルギーを軽減することができ、アトピーや喘息・花粉症などの軽減にも利用されています。

比較的リーズナブルな価格で購入することができ、お茶のように手軽に飲むことができるので便利です。飲んでいる内に知らず知らず健康的な身体になるでしょう。

 

二日酔いにも効果があります

ルイボスティーの主な効果や効能には胃腸の調子を整える整腸作用などがあり、例えば吐き気や食べ過ぎ、飲み過ぎや下痢などを緩和することができます。

フラボノイドが豊富にあるのでシミやソバカスなどを改善することができたり、さまざまなアレルギー症状を軽減することができるでしょう。

ノンカフェインのハーブティーになっているので、子供や高齢者など幅広い世代の人が利用するおとが可能です。

不妊治療対策にも利用されていてルイボスティーには「モノアミンオキシターゼ」という成分があり、この成分は精神を安定する作用があるのでストレスを軽減したり興奮を鎮静することを促進することができます。

人間の体内には「SOD酵素」と呼ばれている活性酸素を除去する酵素がありますが、ルイボスティーはこのSOD酵素と同じ抗酸化作用があるので活性酸素が原因による子宮内膜の悪化を改善することができたり卵子や精子などの質も向上してくれます。

健康的な子宮や精子・卵子の状態を維持することで受精着床率をアップすることにも繋がることが可能です。

ルイボスティーを飲むと二日酔いの予防や改善を期待することができ、食べ過ぎた日や飲み過ぎた日には効果を発揮することができます。

体内にあるアルコールを分解するのにたくさんの水分が使われますが、排出する時ミネラルまで体外に放出されます。

ミネラルが不足するので肝機能が低下してしまい、アルコールの分解能力が落ちると不健康へのスパイラルに入るのです。

ルイボスティーはアルコールが分解されてできてしまう活性酸素を取り除いてくれたり、ミネラル分が含まれているので肝臓の働きもサポートすることが可能です。

ルイボスティーは特に二日酔いの原因を解決してくれるさまざまな効能・効果を持つ万能薬と呼ぶことができます。

 

 

ルイボスティーの整腸作用の秘訣はマグネシウム

下剤を飲まずに便秘解消を目指す

便秘になるたびに下剤を服用して、無理やりに便を排出しようと対処している人は、お腹の調子が更に悪くなってしまう場合もあります。
特にストレス性の便秘に悩まされている人が下剤を服用しても、逆にお腹の調子を悪くしてしまうだけで、便秘が悪化する可能性もあるので注意が必要です。

ストレスが原因で交感神経に異常が起きて、お腹の動きが悪くなっている人は、リラックス効果も期待できるルイボスティーを飲んでみてください。
お茶なので副作用なども気にせずに飲みやすいですし、風味の良さを楽しみながらリラックスもできて、ストレス性の便秘を解消する効果も期待できます。

ルイボスティーを毎日飲んでいるだけで、マグネシウムが多く摂取する事ができるのも、交感神経の異常による便秘に効果が期待できる理由の一つです。
体内のミネラルバランスが乱れてしまうと、それだけで交感神経に悪影響が出てしまい、ぐっすりと眠れなくなってしまう事も珍しくありません。

普段から栄養バランスの良い食事を口にできていなくて、体内のミネラルが不足していると自覚できる人は、すぐにでもルイボスティーを飲んでみる事を推奨します。

ストレスが溜まってくると活性酵素が体内に増えてしまい、内臓の動きが悪くなる可能性もあるので注意が必要です。
ルイボスティーは血中の活性酵素を除去する効果もあると期待されており、普段から仕事が忙しくてストレスばかり溜まっている人に向いています。

活性酵素だけでなく腸内の悪玉菌を排出するためにも、腸内の水分をコントロールする効果のあるマグネシウムを、定期的に摂取しておく事が重要です。
普段から飲むお茶を変えるだけで、どれだけ腸内環境を改善する事ができるのか試してみてください。
苦味なども気にならないハーブティーなので、リラックスしながら整腸作用などの効能を実感できます。

 

便の硬さを改善するためにミネラルが必要

腸内にある便が硬すぎる状態が続いていて、排便のたびにお尻に負担をかけてしまい、痔に悩まされる事になった人も大勢います。
何度も切れ痔による出血を起こしていると、傷口が病原菌が入り込んでしまって、傷口が化膿したまま痔の状態が悪化してしまう事も珍しくありません。
痔の原因となる便の硬さを改善するためにも、ルイボスティーのようにマグネシウムを大量に含む、美味しいハーブティーを飲んでみる事を推奨します。

マグネシウムには腸内に水分を循環させる効能が期待されており、腸内の便を柔らかくできると考えて、ルイボスティーを毎日飲んでいる人も増加中です。
排便時のお尻への負担を減らす事ができれば、それだけで痔の状態が自然に良くなる可能性もあります。

腸内に水分が上手く循環できない状態を放置していると、整腸マッサージなどを毎日頑張っていても、大した影響を与えられない場合もあるので注意が必要です。
それどころか硬い便と大腸が擦れ合う事によって、腸に余計なダメージを与えてしまう場合もありますから、まずは普段から飲むお茶を変える事から始めてください。

ルイボスティーを飲み始めてから、2日間から3日間ほどで便が柔らかくなったと実感している人も大勢います。
腸内に水分を循環させるといっても、大量の水分を腸内に残す可能性は低いですから、下痢に悩まされる事にならないか不安だという人にも最適です。

カフェインも含まれていないので、カフェインに反応して腸の動きがおかしくなってしまう人でも、安心して毎日のようにルイボスティーを飲む事ができます。
暑苦しさを感じる夏場だからといって、冷えたお茶ばかりを飲んでいると、お腹を壊してしまう可能性もあるので注意をしてください。

早朝は体内のミネラルが不足している事も多いので、寝起きにマグネシウムを摂取するために、ルイボスティーを飲んでおくと整腸作用を実感しやすくなります。

ルイボスティーは癖のあるものもあり、飲みやすいルイボスティーを見つけるのも大切なポイントです。
続けたいならなおさらでしょう。

ティートータルのルイボスティーは飲みすく、続けやすいように独自のブレンドを施しています。

今までルイボスティーは苦手だった、という方もティートータルのルイボスティーなら美味しいという方も多いので試してみてはいかがでしょうか。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です