口内炎でお悩みの人にアールグレイティーがオススメなんです

アールグレイティーの効果・効能|飲食以外の活用方法
2018年9月20日
ルイボスティーの効果・効能|高血圧予防に効果あり
2018年9月22日

アールグレイティーに含まれる口内炎に効く成分

 

口内炎ができると熱い食べ物を味わうこともできませんし、治るまでしばらくの間口の中が気持ちが悪い状態が続きます。

普段口内を意識することはありませんが、一旦ポツポツができると途端に口の中の違和感にやり場のないストレスを感じることでしょう。

 

口の中のできものにはビタミンB群のサプリメントを飲む対策も効き目があります。

色々な口内炎対策の方法がありますが、特におすすめなのがアールグレイティーを飲む方法です。

純粋に味や香りの良さから人気があるアールグレイティーですが、口内炎に効く成分も入っています。

 

アールグレイティーの香りづけに使われるベルガモットは、元々天然のうがい薬として重宝されてきた歴史があります。

アールグレイティーを飲むことで風邪やインフルエンザを予防することもできますし、口内炎ができた時も治りがはやくなります。

 

紅茶自体抗菌作用に優れていますが、ベルガモットの含有成分の1つリモネンの殺菌効果は特に秀でているので口内炎ができた時は普通の紅茶ではなくアールグレイティーを選びましょう。

口内炎ができる時は胃や腸など消化器官が弱っている証拠ですが、リモネンは消化器官を整え元気にする働きもあります。

慢性的に胃腸が疲れしょっちゅう口内炎ができている方も、普段の飲み物をアールグレイティーにすることが有効な対策になります。

 

もちろんアールグレイティーには刺激成分のカフェインが入っているので飲み過ぎは禁物ですが、口内炎ができている間は殺菌作用抜群の紅茶うがいも積極的に試す価値がありそうです。

飲用にしてもうがい用にしても、リモネンの殺菌作用をしっかり享受するために濃い目に入れるのがポイントです。

 

口内炎の原因は免疫力の低下や物理的な刺激、アレルギー由来など複数考えられますが、ウイルスや細菌が増殖して引き起こされるケースも少なくありません。

予防のためにも症状改善のためにも、なんらかの殺菌対策は欠かせないのでアールグレイティーを飲んで口内を清潔に保ちましょう。

ズキズキと患部が痛くて普段通り歯を磨くのが辛い時も、アールグレイティーを飲んだりうがいする対策ならストレスなく取り組むことができるはずです。

 

ベルガモットに含まれる酢酸リナリルも口内炎治癒に1役買っています。

酢酸リナリルは鎮静効果や鎮痛効果、抗炎症効果も高いので、ズキズキするような重症化した患部や炎症を起こしている患部にもぴったりです。

 

 

ビタミン不足以上に悪影響があるストレスにも有効

 

ビタミンBなど身体に必要な栄養素が足りない時も口内に炎症が起きやすくなりますが、ストレスとも深く関わっています。

人間の身体やマインドに強いストレスがかかっていると免疫力も下がるので、口の中にも異常が生じやすくなります。

家庭や恋人、仕事や学業のプレッシャーのためにしょっちゅう口内炎ができている方にも、アールグレイティーはおすすめです。

 

紅茶が好きな方はダージリンティーやアッサムティーを飲むだけでほっと一息ついてリラックスすることができると絶賛します。

紅茶自体アミノ酸に分類されるテアニンが入っているので、リラクゼーション効果が高い飲み物です。

テアニンが体内に入ると脳内のアルファー波が発生しやすくなり、心身がリラックスしやすくなります。

 

しかも、アールグレイティーの有効成分にはストレスによく効くものが何種類も入っているのが特徴なので、ストレスの影響が口内に出やすい方にもぴったりです。

例えばベルガモットに含有されるリナロールもストレス対策に最適な成分で、抗不安作用に優れています。

なんとなく不安を感じてイライラしたり緊張してしまう時は、アールグレイティーで落ち着きましょう。

鎮静作用も発揮します。

 

リナロールと同じようにベルガモットに含まれる酢酸リナリルも鎮痛効果や鎮静効果が高く、神経をピリピリと緊張させる状態から解放してくれます。

香りによる作用はとてもダイレクトに効くので、ベルガモットの香りを嗅いですぐに全身の緊張がほどけることも珍しくありません。

発表会やプレゼンの前など緊張して口内の環境が悪くなりそうな時も、事前にお茶を飲みベルガモットの香りをふんだんに嗅いで予防しましょう。

 

しかも、ベルガモットには冷え性を改善する効果も期待できます。

体温が下がるとその分免疫力も落ちてしまうので、冷えによる免疫力低下を引き起こし、口内が荒れている時にもアールグレイティーが活躍します。

冷え体質を自覚している方はできるだけ温めて飲むのが理想的ですが、口の中が熱い飲み物に耐えられそうにない時はアイスティーにして飲んで下さい。

ベルガモットの香りは強いので、冷ましても香りが失われることはありません。

アイスティー用の茶葉としてもとても高い人気を誇っています。

 

口内対策やストレス対策のために飲む時は、香りの成分が色々な良い作用をもたらすために、ベルガモットの香りを胸いっぱいに吸い込んで下さい。

普段よりはやく治り快適な状態に戻るでしょう。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です