アールグレイティーの効果・効能|飲食以外の活用方法

ルイボスティーの効果・効能|抗酸化作用で美容に貢献
2018年9月19日
口内炎でお悩みの人にアールグレイティーがオススメなんです
2018年9月21日

アールグレイの素晴らしい効能

アールグレイティーは昔から独特の香りや味わいで人気を集めていますが、最近は日本でも美容や健康増進効果が高いことでも注目を浴びています。

実際、アールグレイティーは花粉症対策や疲労回復効果、不要な老廃物や諸々の有害成分を身体の外に排出してくれるデトックス効果を発揮することが分かっています。

 

ミネラルやビタミンも含むので、ただのお湯を飲むよりも健康増進に対する効き目が高いのは嬉しい魅力です。

もちろん癒しの香りによるアロマテラピー効果も見逃せません。

アールグレイティーは香りを嗅ぐだけでリラックスする気持ちになりますが、これはアロマテラピー効果によるリラクゼーション効果があらわれているからです。

 

しかもストレスを解消する効能もあるので、疲れてイライラしている時もアールグレイティーを飲んで休憩しましょう。

カフェインの量も多すぎないので、適度に頭を冴えさせてくれます。

疲労感が強い時にカフェインの量が多すぎる栄養剤や濃いコーヒーを飲んでしまうと、余計神経が苛立ち怒りっぽくなってしまうことがよくあります。

 

アールグレイティーのカフェインの量は本当にちょうど良いので、ストレスを感じている時は喫茶店を見つけてベルガモットの香りに癒されましょう。

自宅に常備しておくとお酒よりも頼れる存在になります。

お酒もリラックス効果がありますが、飲み過ぎると二日酔いになったり健康を損ねる恐れがあります。

 

アールグレイティーにはそんなマイナス面がないので、たっぷり飲んでも問題ありません。

ただし紅茶自体利尿作用が強いので、過剰に飲み過ぎるとトイレが近くなるリスクは伴います。

寝る前に飲む時は1~2杯程度にとどめておきましょう。

冷やしても香りが薄くなることはないので、夏場はアイスティーにして楽しむのもおすすめです。

 

 

 

飲食以外の活用方法にも注目

アールグレイティーは本当に香りが素晴らしいので、茶葉をケーキに混ぜて焼き紅茶ケーキにして味合う方法もあります。

また、殺菌作用なども優れているため、絶対に喉を痛めてはならない時にアールグレイティーで紅茶うがいをする活用方法もあります。

 

紅茶や日本茶などお茶でうがいをすると抗菌、殺菌作用抜群ですが、アールグレイは特に菌に対するガード効果が高いのでおすすめです。

インフルエンザ対策になるとも言われているので、小さなお子さまがいるご家庭でもご両親は是非アールグレイティーうがいを習慣にしたいものです。

ベルガモットの香りもするので消臭効果も高く、口臭対策にもなります。

 

紅茶でうがいをすることに抵抗感がある方もいらっしゃるかも知れませんが、飲むだけでも良いので風邪やインフルエンザが流行っている時期には食後にアールグレイティーを飲むだけでも喉のケアになることが分かっています。

歯垢合成酵素阻害作用もあるので、食後すぐに歯を磨くことができない時もアールグレイティーを飲んでおけば歯垢がつきにくくなります。口や歯を清潔に保ちたい時にも重宝します。

 

また、アールグレイティーを煮出したお湯を冷まし、足湯に使うことで水虫やたむし対策にもなります。

足湯中、あたりにベルガモットの香りが漂うのでその香りを嗅ぐだけでも深くリラックスできるはずです。

水虫など足のトラブルはかゆみを伴うためにイライラし、神経が尖ってしまいがちです。

 

アールグレイティーの足湯で足を直接殺菌、抗菌しながら、アロマテラピー効果でリラクゼーション対策にも励みましょう。

飲むだけでも多岐にわたる効能を備えているのに、飲食以外の活用法も幅広いことに驚きを禁じえません。プラスアルファの効果を求めるなら、普通の紅茶ではなく、意識してアールグレイティーをチョイスして下さい。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です