ホットのアールグレイティーでつらい冷え性対策

ハーブティーの効果・効能|驚くべき体質改善作用
2018年10月2日
ルイボスティーの効果・効能|飲食以外の活用方法
2018年10月4日

おいしい上に冷え性にも効くアールグレイの魅力

 

辛い冷え性にお悩みなら、アールグレイティーが頼りになる存在になるはずです。

あまり知られていませんが、アールグレイティーには冷え性を改善する効能があります。

アールグレイティーはベルガモットの優雅な香りが特徴的で、数ある紅茶の中でも特に熱烈なファンが多いことで知られています。

独特の味わいや香りに惹かれ、常備している方も少なくありませんが、実は味だけではなく身体に及ぼすプラスの作用も色々持っています。

 

アールグレイティーを飲むようになってから冷え性が改善したと実感している方も大勢いらっしゃるはずですが、ベルガモットに含まれるリモネンの効果で身体が冷えにくくなります。

冷え性だと寒い冬はもちろん、どこへ行っても冷房がきつく効いている夏場もクーラーの寒さに震えさせられてしまいます。

 

身体が冷えていると免疫力も下がってしまうので風邪をひきやすくなるのも問題です。

また、冷えのせいで寝つきが悪く寝るまでに時間がかかってしまう方も珍しくありません。

冷え性を体質改善するためには漢方薬も効果的ですが、専門医に処方して貰わなければならないので通える範囲に病院がないと選択しにくい対策方法になります。

 

保険が適用されない町の漢方屋さんでは非常に高額な費用がかかるため、経済的な問題で漢方による体質改善を諦めるケースもよくあります。

その点アールグレイティーはデパートでもよく扱われていますし、通販でも安価な値段で気軽に購入することができます。

テレビや雑誌でも健康や美容効果が取り上げられるようになり、販売する普通のスーパーマーケットも随分増えました。

 

アールグレイティーを飲むと、ベルガモットの含有成分であるリモネンが血液の循環を促進してくれます。

血の巡りが良くなるので、飲んでいるうちに身体がポカポカしてくれるのを感じるでしょう。

リモネンは冷えに対する効果の他、皮膚疾患に効く抗菌作用や消化促進作用も発揮します。

 

リモネン以外にも、アールグレイティーには骨を形成する時に活躍するマンガンや動脈の石灰化を防止するビタミンK、抗炎症作用や鎮静作用をもたらす酢酸リナリル、抗不安作用が期待できるリナロールなど健康対策に効果的な成分が何種類も入っています。

冷え性の問題が解決しても、ライフスタイルに積極的にとり入れたい飲み物の1つです。

季節に関わらず、ティータイムには是非アールグレイティーを入れましょう。

 

 

ホットにすると温める作用がUP

 

身体の冷え性改善のためには、アールグレイティーの飲み方や量にも気を使いましょう。

温める作用を最大限引き出すためには、ホットのアールグレイティーを飲むのがおすすめです。

アールグレイティーは、中国のキーマン茶やインド茶、セイロン茶などにミカン科の常緑低木ベルガモットで香りをつけているので、冷やしてもエレガントな香りが消えにくくアイスティーも人気です。

 

冷やしても身体を温める作用を発揮するリモネンの量が激減するわけではありませんが、冷たい飲み物は冷えやすい体質の方には大敵です。

せっかくリモネンのパワーで体温が上昇しても、アイスティーの冷たさに温かさが失われてしまったら効果が半減してしまいかねません。

できるだけホットのアールグレイティーを飲むようにするのが、体質改善のためには効果的です。

 

また、紅茶は利尿作用も高いので飲む量も、多すぎないようにしましょう。

1日3杯ぐらいなら問題ありませんが、午前中だけでも3杯以上、1日のトータル量が1リットルを超えるような飲み方をしているのは問題です。

カフェインの刺激で胃腸に負担がかかることもあります。

特に気温が低くなるシーズンは、度々トイレに行って下半身を露出することで身体が冷えてしまう恐れがあります。

 

リモネンの効果が失われないよう、購入する時はあまり大量に入っているタイプは避けた方が無難かも知れません。

少量ずつ買うと割高になりますが、常に新鮮な状態で飲むことができるのでリモネンもしっかり摂取することができます。

劣化を防ぐために、保管方法も配慮が必要です。少ない茶葉に対してあまり大きな容器に入れてしまうと、空気による劣化が心配です。

 

空気に触れにくいサイズの容器を選び、直射日光があたらず湿度も高くない場所で管理して下さい。

アルミ素材も光を遮断し湿気などによる劣化を予防しやすいので便利です。

直射日光があたらないと言っても、冷蔵庫はアールグレイティーの保管場所に不向きです。

室内に出した時、温度差で霜や結露が茶葉に付着しやすくなり、風味が損なわれてしまう恐れがあります。

 

飲む時間帯は午後より午前中がふさわしいでしょう。

カフェインが入っているので寝る前に飲むと寝つきが悪くなる可能性があるので、不眠傾向が強い方は日中に飲むよう心掛けて下さい。

ぐっすり眠ることも体質改善には効果的です。

こういったいくつかの注意事項を守れば、アールグレイティーの冷え性に効く効果を最大限に引き出すことが可能です。

 

 

ログイン

パスワードをお忘れですか ?

アカウントを作成しますか ?