ストレスによる胃けいれんはペパーミントで緩和!

胸焼けをスッキリさせたい!そんなあなたにペパーミント
2018年6月16日
ペパーミントには虫歯や歯痛を緩和させる作用が!その理由は?
2018年6月22日

ストレスによる胃けいれんとペパーミント

ストレス環境下に置かれやすい現代社会において、胃の不調となってしまう人は男女問わず多くいるとされており、特に様々な原因のために起こる胃けいれんは代表的な症状として挙げられています。

胃けいれんとは、胃の壁を覆っている層が異常に緊張して痛むために、あたかも胃がけいれんしているような感じがする状態のことを指し、一過性のものから慢性的なものまで種類があります。

 

胃けいれんの主な原因はストレスが挙げられています。

これは仕事や人間関係におけるストレスも同様ですが、いきなり環境が変わるといったことへの順応が難しいケースからくる突発性の極度の緊張なども原因に含まれます。

 

また、胃けいれんが厄介な点は、一過性のものであればそれだけで済む一方で、慢性的に起きているときには他の胃に関する病気を患っている可能性があることです。

胃のけいれん自体は症状として取り上げられていませんが、胃の病気が原因となるとその究明をするために病院に通わなくてはならないといった手間が生じることになります。

 

胃のけいれんを引き起こす病気の代表では、胃炎や胃潰瘍が挙げられ、胆石症などを患っているときにもけいれんが慢性的に続きます。

これらの病気の原因となっているのはやはりストレスなど精神的な負担による細胞質の低下と言われているため、できるだけ緊張状態に置かれる状況下にいないこと、そしてやむなく緊張状態に置かれる環境に居続けなければならないときには対処が必要です。

この対処方法で最も友好的かつ簡単にできるものとして、ペパーミントを用いたハーブティーを飲むということが挙げられます。

医者に処方をしてもらう鎮痛剤などの薬と比べて副作用がなく、気軽に飲み物として飲むことができるため、自ら進んで活用していける対処方法となっています。

 

ペパーミントハーブティーで緊張緩和

もともとハーブティーはあらゆる効能や効果をもつとして過去から用いられており、ハーブそのものが薬効植物であるため医療の一部にも活用されているという特徴があります。

共通する代表的な効果はリラックス効果で、また鎮静作用もあり、緊張状態の身体をほぐすという役割を果たします。

 

特にペパーミントは数多くあるハーブのなかでも鎮静作用に優れている種類のひとつで、毎日続くようなストレスなどに対して非常に有効です。

ペパーミントは胃けいれんを含む胃の不調をやわらげる効能があり、胃腸や肝臓、胆のうなどの臓器の機能を回復させる作用も有しています。そのため胃に対する鎮静および鎮痛作用だけでなく、緊張による消化不良や胃酸過多といったものに対しても有効とされているため、現代社会において重宝するハーブと言えるでしょう。

 

ペパーミントはカフェインが入っていないことでも知られており、そのためいつでも気軽にストレス緩和のために飲むことができるというメリットをもっています。

ノンカフェインであるため胃に負担をかけることなく、就寝前などにカップ一杯飲むことで就寝そのものの質を上げる効果もあり、翌日の緊張を和らげる効能もあります。

 

仕事などではよく眠気を覚ますためにコーヒーなどカフェインが多く含まれている飲み物を口にしやすいですが、胃けいれんはそれらも原因のひとつになりえます。

それらをペパーミントのハーブティーに置き換えることで、仕事中の集中力向上にもつながるため、積極的に取り入れていくべきと言われています。

また、ペパーミントの緊張を緩和させる効能によって、精神的な負担からくるあらゆる病気にも有効的な予防・改善方法としても注目されており、薬と違い身体に負担をかけることがない有効な手段として認知されているのが特徴です。

 

 

ペパーミントをブレンドしたハーブティー

マヌカフラワーティー

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です