寒くて眠れない!冷え性さんにカレーのスパイスとハーブがおすすめです♫

オレンジやみかんの皮には栄養がたっぷり!意外とおいしくてはまります♫
2021年12月12日
12月25日はクリスマス!家族へのプレゼントやサンタさんへのお返しに紅茶が喜ばれます♫
2021年12月20日

 

皆さん、こんにちは(^∇^)
前回はオレンジやみかんの皮にたくさんの栄養が詰まっていること、オレンジピールがブレンドされたTeaTotalの商品のご紹介をいたしました。

 

 

 

 

オレンジピールや陳皮には食物繊維が含まれているため、冬の便秘解消にぜひ役立ててくださいね♪

 

さて、この頃、夜寒くて寝つきが悪いと思うことがしばしばあるのですが、皆さんはいかがですか?

「寒い地域で採れる果物は体を温める」「赤やオレンジ、黄色など暖色系の食べ物は体を温める」といわれるように、オレンジには体を温める効果も期待できます。
りんごや桃、さくらんぼなども同様です。

体を温める食材を知っておき、毎日の食事で少しずつ冷えを改善していきたいですね!

 

…ということで、今回は冷え性さんにおすすめのカレーのスパイスとハーブをご紹介していきます。

 

 

 

 

●カレーを食べたらポカポカに!体を温める食材を使うのが◎

 

唐突ですが、冷え性さんは夕食にカレーを召し上がってみてください。
私も冷え性に悩んでいましたが、先日キーマカレーを食べたらとても体がポカポカして寝つきが良くなったと感じました。

 

土の中で育つ野菜は体を温める効果があるといいます。
にんじんやたまねぎなどの野菜が材料に含まれているのがよかったかもしれません。

 

逆に、ホワイトシチューを食べた日は少し体が冷えたかな?と感じました。
にんじんやたまねぎなども入っていますが、たっぷりの牛乳も使われています。
牛乳のような色の薄い飲み物は体を冷やすと言われるため、寒い時期にはビーフシチューやカレーが一番ですね(^∇^)

 

●カレーに含まれるスパイスが体を温めてくれる

 

汗をかくような香辛料は体を冷やすという説もありますが、実際は冷やす効果ばかりとは限りません。
というのも、市販のカレー粉やカレールウに香辛料として使われるガーリックやオニオンパウダー、唐辛子などには体を温める成分が含まれているからです。

 

例えば、以下のような成分が挙げられます。

 

・アリシン

ガーリックやオニオンのにおい成分であり、毛細血管を広げて血行を良くする効果がある

・カプサイシン

唐辛子に含まれる辛味成分であり、消化や発汗を促進し手足の冷えを改善する

市販のカレーでも体がポカポカしたことを実感したくらいですから、本場のスパイスを使用したカレーならより効果が期待できそうです!

 

 

 

 

ここからは、本格インドカレーに使用される4つのスパイスをご紹介させていただきます。

 

●その1.フェンネル

 

別名「小茴香(しょうういきょう)」とも呼ばれるセリ科ウイキョウ属の植物から採取されます。
インド料理店ではお口直しのスパイスとして定番で、レジの横に置いてあったり、食後に店員さんが持ってきてくれたりします。

アネトールという成分が消化を助ける働きをするため、腹部の冷えをとり、健胃や整腸作用に優れていると考えられています。

漢方の世界では、気を巡らせ体を温める生薬として昔から重宝されてきました。

 

●その2.カルダモン

別名「小豆蔲(しょうずく)」とも呼ばれるショウガ科ショウズク属およびアモムム属の植物の種子から成るスパイスです。

世界最古のスパイスの一つで、レモンのような爽やかな香りがすることから「スパイスの女王」「香りの王様」などと称されることがあります。
世界で3番目に高価なスパイスとも言われています。

 

テルピニルアセテートという成分が胃や腸の機能を向上し、胆汁の分泌を促進します。
特に、インド料理に使用されるブラックカルダモンは体を温める作用があるため、冷え性さんにおすすめのスパイスです♪

 

●その3.シナモン

漢方の世界で「桂枝(けいし)」と呼ばれるニッケイ属の樹木から採れるスパイスです。
世界最古のスパイスの一つで、紀元前4000年頃のエジプトではミイラの防腐剤として用いられていたことが分かっています。

発汗作用に優れ、芯から体を温めて痛みを緩和する効果が期待できます。

 

●その4.アニスシード

アニスは「西洋茴香(せいようういきょう)」という別名をもつ、セリ科の一年草でハーブの一種です。
アニスの種子を乾燥させたスパイスがアニスシードと呼ばれます。

 

スパイシーな香りとぴりっとした甘さが特徴的で、リキュールや焼き菓子、スープ料理などの材料に用いられることがあります。
香り成分のアネトールが含まれているため、フェンネルと香りが似ており、腸内環境と整えたり体を温めたりする効果が期待できます。

 

 

※アーユルヴェーダ ブリス ティー

 

 

カレーの本場であるインドでは、カレー料理を調理する際にさまざまなスパイスが使用されます。
インド料理店に食べに行くのもいいですし、レシピを見て1から自分で作ってみるのもいいですね♪

 

もっと気軽にカレーのスパイスを楽しみたいという人におすすめなのが、ハーブティーです。

TeaTotalには今回ご紹介した本格インドカレーで使用される4つのスパイスをブレンドした商品がいくつかございます。

秋冬一押しの「アーユルヴェーダ ブリス ティー」、そしてTeaTotalオリジナルの「マヌカフラワーティー」は冷え性さん必見のハーブティーになります(^∇^)

 

寝る前の一杯を工夫するだけで睡眠が変わるかも!?
皆さん、どうぞ温かくしてお休みくださいね♪

【hpuri】

 

<参考商品>

 

 

 

 

ログイン

パスワードをお忘れですか ?

アカウントを作成しますか ?