妊活に効果的なハーブティー?ルイボスティーには女性に嬉しい効果がいっぱい

ルイボスティーの抗酸化作用と美肌、そしてダイエットへの作用とは
2018年3月26日
アトピー体質とダイエットにオススメなルイボスティーを知っておこう
2018年4月7日

健康茶として昔から飲まれてきたルイボスティー

ルイボスティーは、妊活に効果的だとして女性に人気のハーブティーです。

ルイボスティーは南アフリカ共和国にあるセダルバーグ山脈の一帯に自生する低木の葉を乾燥させて茶葉としています。
現地では昔から健康茶として飲まれてきました。
紅茶のように赤い飲み物で、ほのかに甘味があるのが特徴です。

ルイボスティーはヨーロッパを中心に広まり、世界中で飲まれるようになりました。
様々なフレーバーも登場し、日本でも徐々に定着しています。
ルイボスティーにはカフェインが含まれていないので、妊娠中の女性や子供でも安心して飲むことができます。

ルイボスティーには様々な栄養が含まれており、健康に良い効能があることが分かっています。
まず、SOD様酵素というアレルギー症状を抑える成分が含まれているので、花粉症の症状を和らげる効果があります。

これはSOD様酵素に、アレルギー症状を引き起こすヒスタミンという体内物質の生成を抑制する働きがあるからです。
妊娠中で薬が服用できないという花粉症の人でも手軽に飲めるハーブティーになっています。

それからルイボスティーに含まれるSOD様酵素には、免疫力を高める効能もあります。
SOD様酵素には細胞を傷つける活性酸素を取り除く作用があるので、細胞の老化を防ぐことにもつながります。
それにより細胞の新陳代謝を促進し、免疫力が高まるのです。

また、活性酸素が取り除かれることで、老化を防ぐアンチエイジング効果も期待できます。
人の肌は紫外線やストレスなど色々な外敵刺激にさらされています。
ストレスが多い状態が続いたり、紫外線を長時間浴びたりすると活性酸素の量が増えてしまい肌が老化してしまいます。

肌細胞が老化すると潤いを保つ力が弱くなって乾燥しやすくなるので、ニキビや吹き出物といった肌トラブルも招きやすくなります。

 

 

ノンカフェインでビタミンやミネラルが豊富

ルイボスティーに含まれているSOD様酵素の効能は、免疫力を向上させてくれたりアンチエイジングができるというだけではありません。
活性酸素を除去する働きによって卵子の老化を防止する作用も持っています。

そのためルイボスティーは、妊娠を希望している妊活中の女性に人気が高い飲み物です。
女性の体はデリケートなので、ちょっとしたことが原因で活性酸素は増えてしまいます。

加齢によっても増えますし、紫外線などを浴びても増えていきます。
活性酸素が増えると細胞にダメージを与えるので、排卵や着床など妊娠に悪影響を与えてしまうことが分かってきました。
活性酸素を減らすことは、子宮をフカフカにし着床しやすい状態をつくることに繋がります。

また、ルイボスティーにはビタミンがミネラルが豊富に含まれています。
妊活中や妊娠中に必要とされる栄養素を摂取することができます。

特に妊娠中に不足しがちなカルシウムや鉄分を手軽に補えるのがポイントです。
カルシウムが不足すると骨粗鬆症のリスクがあがりますし、鉄分が不足すると貧血などが起こりやすくなります。

それからルイボスティーは、便秘解消にも役立つとされています。
腸内環境を良くすることでお通じが良くなり、デトックス効果が期待できます。
血行を良くして冷えを改善する作用もあるので、冷え性の改善にも効果的です。

そして、ルイボスティーはカフェインレスなので、就寝前に飲んでも目が覚めるといったことがありません。
普段からコーヒーや紅茶、緑茶などを飲んでいて、妊娠した際に何を飲めばいいか分からないという人も多いのではないでしょうか。
コーヒーや紅茶、緑茶にはカフェインが含まれているので何杯も飲むというわけにはいきません。
ルイボスティーであれば、妊娠中でも安心して飲むことができます。

 

 

女性の大敵!むくみや冷えをルイボスティーで改善!

むくみや冷えの原因とルイボスティーの効能

1日の終わりに体がパンパンにむくんでいたり、手や足の冷えが気になったりとこのような症状は女性に良く起こりがちです。
なぜむくみは起こってしまうのかというと、その原因は体に余分な水分が溜まっていることです。

本来であれば余分な水分や老廃物は体外へ排出されていきますが、体の循環が滞っている場合はうまく排出されずに体内にとどまったままとなります。

その結果がむくみであり、不快な症状へと繋がるのです。
むくみを改善するためにはあまり水分を摂り過ぎてはいけないと考える人が居ますが、実はこれは間違いです。
むしろ体内の循環を良くするためには、水分を多めに摂った方が良いと言えます。
そのため、日頃からしっかりと水分を摂取する習慣を身に付けましょう。

冷えに関しても同様で、体のめぐりと大きな関わりがあります。
リンパや血液の流れがスムーズに行われないと指先や足先まで十分な血液が届かなくなり、体が冷える原因となります。

更には基礎代謝が下がってしまい、体全体の体温が下がってしまいます。

それによって冷えを感じるようになるのです。

以上のことを踏まえた上でルイボスティーがもたらす効果を見てみると、むくみや冷えの改善にうってつけであることが分かります。

ルイボスティーはハーブティーの一種で、体温を上げる効果を持つミネラルを豊富に含んでいます。

それによってリンパや血液など体のめぐりが改善され、体内に溜まっていた余分な水分と老廃物が排出されるようになるのです。

更には、ルイボスティーにはリンパ管や血管を作るTIE2を活性化させ、新たな血管を作る作用もあります。

この効能によって体全体が活性化されることから、めぐりの改善や基礎代謝のアップに伴い老化を抑制する作用があるとも言えるでしょう。
体質から症状を改善していくことができるのです。

 

ルイボスティーの効果的な取り入れ方

ルイボスティーであれば何でも良いというわけではなく、その効果を十分に得るためにはより適した種類のルイボスティーを選ぶ必要があります。

そこでまず重要なのが、煮出しタイプのルイボスティーを選ぶことです。
他の紅茶やハーブティーのようにティーパックで出すタイプのものや、水で出すものなどでは十分な効果が得られません。

ルイボスティーは熱湯でしっかり煮出すことで効能がアップします。
そのため煮だしタイプを購入するようにしましょう。
鮮度においても重要です。
時間が経てば経つほど有効成分が失われていくため、できるだけ新しいものを選ぶようにしましょう。

また、できるだけ安全品質であるものを選ぶことも大切です。
毎日継続して飲むものであるからこそ、安全面に配慮してあるものの方が安心感が大きくなります。

そして次に、価格の面でも重要です。
ルイボスティーを扱う店舗やメーカーは様々で、お茶の専門店でも多くのお店で販売されています。

しかし、量と照らし合わせてコストパフォーマンスがあまり高価なものを購入してしまうと、毎日続けていく上で大きな負担となってしまいます。
そのため予算を決め、それを超えない範囲で購入できるものを選びましょう。

以上がルイボスティーの選び方です。

最後に飲むタイミングについてですが、ルイボスティーはノンカフェインであり健康面での効能が大きいことから、基本的にはいつ飲んでも問題ありません。

リラックスしたい時や就寝前など、自分自身の飲みやすいタイミングを決めて習慣化するのも良いでしょう。

ただ、効能を重視するのであれば寝起きに飲むのは有効です。
体が活性化する時間であり、成分を効率よく摂取できます。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です