ルイボスティーの効果・効能|ピニトールが血糖値を安定させて健康保持

アールグレイティーの効果・効能|料理に応用したアールグレイレシピ
2018年9月18日
ルイボスティーの効果・効能|抗酸化作用で美容に貢献
2018年9月19日

ルイボスティーが女性の体にいい理由

健康や美容にいいと言われているルイボスティーを日頃から愛飲しているという方も多いのではないでしょうか?

でもその理由や効果・効能を全部ご存知な人は意外と少ないかもしれません。

ルイボスティーがとくに女性の体にいいと言われている理由は、さまざまあります。

 

南アフリカが原産のルイボスティーは、たくさんの鉱物がある一部の土地でしか栽培できないマメ科の植物からなるお茶です。

このルイボスティーに含まれているものでよく知られているのが、「SOD」(スーパーオキシドジムスターゼ)という酵素です。

SODは強力な抗酸化作用を持ち、人間の老化の原因となる活性酸素を除去する働きをしてくれることが分かっています。

抗酸化作用と聞くと、すぐに思い浮かべるのはアンチエイジング効果です。

それだけではなく脳梗塞や心筋梗塞、動脈硬化、糖尿病、癌などさまざまな病気の多くにも活性酸素が関わりを持っていると言われている現代においては、SODのような酵素を体の外から補ってあげることは、健康な体を維持していくためには重要なことです。

 

つまり、ルイボスティーには美容だけではなく病気になりにくい体を作る効果が期待できるのです。

さらには、マグネシウムやカリウムなどのミネラルやビタミンC、カルシウムなどの成分もバランスよく含まれています。

これにより血流やリンパの流れがよくなったり、老廃物の排出を促しデトックス効果があったり、体を温める効果も期待できるなど、多くの効果・効能を持っているのがルイボスティーの魅力です。

 

また、ルイボスティーはノンカフェインなので安心して飲むことができます。

つまり、アンチエイジング・妊活・ダイエット・冷え性改善・アトピー改善・安眠効果・病気予防と、さまざまな女性の悩みに効果を発揮してくれる可能性があるというわけです。

 

 

 

 

血糖値の急上昇予防にも効果

ルイボスティーに含まれているものはSODやミネラル、ビタミンだけではありません。

もう一つ、注目してほしいのがピニトールという物質です。これはきなこや枝豆、銀杏などのマメ科の植物に含まれる特有の成分です。

このピニトールが体内に入ると、カイロイノシトールになります。

 

カイロイノシトールは体内の糖輸送体をサポートして血糖値を下げる働きをしてくれることが分かっています。

一般的に食事をすると血糖値は徐々に上がっていきますが、糖を多く含んだものを食べると血糖値が急上昇し、それを下がるためにインスリンが多く出ます。

この血糖値の上昇が肥満や糖尿病を引き起こす原因になりますが、カイロイノシトールはインスリンと同じような働きをして、血糖値の急上昇を抑えてくれる効果があるのです。

実際にインドなどでは糖尿病の治療にピニトールが用いられているようです。

 

さらに、ピニトールには卵巣内に男性ホルモンが多いことが原因で排卵がうまく行われずに不妊や排卵障害となる多嚢胞性卵巣症候群の改善にも効果が期待できます。

多嚢胞性卵巣症候群の方は、糖尿病や肥満などとの関わりがあるとも言われていますので、ピニトールを摂取することでこうした症状を改善していかれる可能性があるのです。

 

そのほかにも肝臓の保護や白内障の予防なども期待できるピニトールは、これまで食事から摂取するのは難しいとされてきました。

それはピニトールが水溶性のため大豆などに多く含まれていても加工する段階で大半が流れ出てしまうことが多かったからです。

その点、ルイボスティーにはしっかりとピニトールが含まれていますので、長く飲用を続けることで血糖値が安定するようになったという声も聞かれるほど効果が期待できます。

妊活中の方はもちろん、血糖値の上昇や肥満が気になるという人にもぜひ試してほしい飲み物です。

 

 

Tea Total Japan
Tea Total Japan
https://teatotal.jp/shop/rooibos-cream-caramel-100g/
ニュージーランド発のティーブランド ティートータルの商品を直輸入でお届け