ルイボスティーには肌荒れ予防・美肌効果が!その仕組みは?

花粉症はハーブティーで対策!ネトルの抗ヒスタミン作用ってどんなもの?
2018年4月16日
健康に万能なお茶、ルイボスティーで痛風 & 糖尿病を予防!
2018年4月25日

ルイボスティーで血行をよくして細胞を活性化

ニキビができやすかったり肌の表面がすぐ乾燥したり、赤らみやくすみなどで悩んでいる女性は大勢います。
美容液やクリームを使って外側から対処してもなかなか治らず症状が改善されないと思ったら、内側からのケアに注目してみましょう。
ルイボスティーは特に美肌効果の大きいハーブティーとして知られていて、コスメでは実現できなかったスキンケアを手軽に実践できます。

ルイボスティーは南アメリカが原産のお茶で、古代民族の間ではどんな病気にも効く万能薬として使われていました。
現在も世界中でセレブや美容関係者に注目され、美容と健康のために優れた効能があって肌荒れ対策にも活用されています。

 

ルイボスティーの成分は毛細血管を修復して血行をよくしてくれるので、栄養素が体の隅々まで行き渡るようになります。
肌の角質の最下層にも届いて細胞が活性化されるため、ニキビや吹き出物ができるのを防いだり細胞が収縮してしまったり乾燥するのを妨げて、肌荒れを防止できます。

水分補給のためにもルイボスティーが有効で、カフェインが入っていないため緑茶や紅茶よりも気軽に飲めます。
更にカルシウム、マンガン、鉄、マグネシウムなどミネラルウォーター並みに多くのミネラルを含んでいるため健康維持や体の機能を強化する効果もあります。

血管が縮小していたり血の流れが滞ってしまうと毛穴に汚れが詰まったり栄養素が届かず肌荒れの原因になるので、ルイボスティーをたくさん飲んで血行をよくすればニキビやアトピーも改善されます。

きちんと水分補給をすることでデトックスにもつながって、腸内環境がよくなったり古い細胞が新しく生まれ変わるので美肌のためにもよく、アレルギーの克服や免疫力の強化にも有効です。
毎日ルイボスティーを飲んで内側からスキンケアに取り組みましょう。

 

ルイボスティーには強力な抗酸化作用がある

ルイボスティーはポリフェノールを含んでいるため強力な抗酸化作用を持っています。
細胞が老化する原因となる活性酸素を除去する酵素の働きによってシミやシワができるのを防いだり、肌の潤いを守ったり、細胞が縮小するのを食い止めるなどアンチエイジングの効能が期待できます。

ノンカフェインタイプのハーブティーなので寝る前や妊娠中、体調が悪い時などにも安心して飲めるメリットがあり、砂糖を入れなければカロリーもゼロでダイエット中にも使えます。

美肌のためにはビタミンCやビタミンE、コラーゲンなどさまざまな栄養素を全身に届けることが大切なので、ルイボスティーを飲んで血行やリンパの流れをよくしたり、体を温めることによって細胞が効率よく活性化されます。

健康な体を維持していれば肌のターンオーバーが進んで若返ったり髪、爪などの輝きが戻ったり、効率よくアンチエイジングができます。

ふっくらした若々しい肌を保つためには水分補給やミネラルも欠かせないので、ルイボスティーを毎日飲んでいれば必要な栄養素をしっかり補えます。

 

神経をリラックスさせる効果もあるのでぐっすり眠っている間に肌が蘇ったり、ストレスを解消して肌荒れを防ぐためにも有効です。
代謝がよくなって体脂肪が燃焼したり、肌の再生や腸内の機能も高まるのでダイエットにもおすすめで、余計な老廃物が排出されることで更に美肌効果が得られます。

モデルや芸能人も毎日必ずルイボスティーを飲んでいるという人が多く、世界中で注目されているハーブティーです。
味は紅茶に近い色合いでクセがなく、そのままでもオリゴ糖やハチミツ、ミルクやスパイスなどを加えても美味しく飲めるので、喉が渇いたときにも食事のときにも楽しめます。

ルイボスティーを活用して肌荒れを克服し、美肌を目指しましょう。

 

 

更年期かな?と思ったらルイボスティーを飲もう

ホルモンバランスを整える役割

理由がないのに急にイライラしたり、顔のほてりやのぼせ、発汗に悩まされたり、突然悲しくなったり落ち込んだりするようなことが続いたら更年期かもしれません。

最近は30代後半くらいでも似たような症状を感じる人が増えていて、幅広い年齢層の女性が悩んでいます。
周囲に相談できる人もいなくて、クリニックに行ったり医薬品を使うのは気が引けると思うならルイボスティーで対処してみましょう。
天然の成分だけで作られているハーブティーなので安心して始めることができ、カフェインも入ってないので気軽に飲めます。

ルイボスティーは優れた抗酸化作用をはじめとする数多くの効能を持つ万能なお茶です。
女性ホルモンとも関わりがあり、血液やリンパの流れがよくなることや鉄分、カルシウムなど女性に不足しがちなミネラルを多く含んでいるのでホルモンバランスを整えて健康を維持する効果が期待できます。
更年期はホルモンの分泌量が変化して急にのぼせてしまったり、体温の調節もうまくいかず自分の体をコントロールできなくなるためルイボスティーを飲んで栄養素を補い血行をよくするのが効果的です。

 

ルイボスティーは毛細血管を修復して血の巡りをサポートする作用があるので、汗やのぼせ対策にも有効です。

血行がよくなると新陳代謝もアップして細胞が活性化されたり、炎症やアレルギーなどを防ぐこと、腸内環境の改善などにもつながって全身の健康維持ができます。
ホルモンの乱れによる冷えやむくみも改善できて、生理不順や生理前のイライラも解消されます。

生理痛が辛い人は更年期も症状が重くなる傾向があるので、普段から血行の促進や毛細血管の修復を意識して生活しましょう。
ルイボスティーなら飲むとすぐに体が温まって全身の血行がよくなり、冷え性対策のためにも最適です。

 

ルイボスティーで心身ともにリラックス

ハーブティーは一般的にカフェインが入っていなくて香りもよいのでリラックスするのに最適です。
ルイボスティーもノンカフェインタイプで、紅茶のような優しい香りがしてクセのない飲みやすい味なので毎日の水分補給や栄養補給に使えます。

心を落ち着ける効能があるので、更年期でイライラしているときや憂鬱なときに飲むと精神がリラックスします。
眠れないときにもおすすめで、紅茶やコーヒーのように目が冴えてしまう心配がありません。

代謝が上がると細胞が活発に活動できるようになって自然にストレスが解消されたり、便秘や肌荒れの悩みも少なくなります。
強力な抗酸化作用を持っているので年齢を重ねると増えてくるシミやシワ、たるみなどの悩みにも有効で、ルイボスティーを使ってアンチエイジングをすることも可能です。

女性ホルモンの分泌量が低下すると女性らしさが失われてしまい、肌にハリがなくなったり髪や爪の輝きが失われたり、全体的に老けた印象になるのが悩みですが、ルイボスティーを飲んでいるといつまでも若々しい姿を保って美肌を維持できます。
デトックスにも効くので、体内に溜まっている老廃物を排出して肌のターンオーバーを促し、シミやくすみを解消したりむくみを取って引き締まった体になる効果も得られます。

南アメリカの先住民はルイボスティーを万能薬や不老長寿のお茶として愛用していました。
現在も美容に関心のある人は積極的に飲んでいて、アンチエイジングやデトックスなど美容と健康両方のために使われています。
ルビーのような鮮やかな赤い色がオシャレで、砂糖を入れなければダイエット中でも安心して飲むことができるルイボスティーは誰にでもおすすめなハーブティーです。
朝食時や午後の休憩タイム、寝る前などいろいろな場面で飲んで、辛い更年期を乗り越えましょう。